このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

Sexy_Zone


Superfly


狩野英孝


壇蜜


泉谷しげる


佐々木彩夏


ムロツヨシ


サザンオールスターズ


>>もっと見る

いかりや長介 ザ・ドリフターズ

いかりや ちょうすけ
いかりや長介
いかりや 長介(いかりや ちょうすけ、1931年11月1日 - 2004年3月20日)は、日本のコメディアン、俳優、ベーシスト、ミュージシャン。「ザ・ドリフターズ」(略称:ドリフ)の3代目リーダー。本名:碇矢 長一(いかりや ちょういち)。愛称は「長さん」。ドリフ時代初期は芸名をいかり矢 長介(読み同じ)としていた。ドリフ映画で使われる呼び名は「ゴリラ」「下唇」。東京府東京市本所区中之郷横川町(現在の東京都墨田区東駒形)生まれ。渡辺プロダクションを経てイザワオフィスに所属していた(他界した現在もイザワオフィス所属扱いとなっている)。身長175.2 cm。

f.hatena.ne.jp

kaijin-osuzu.blog.so-net.ne.jp

www.team-lens.com
  いかりや 長介(いかりや ちょうすけ、1931年11月1日 - 2004年3月20日)は、日本のコメディアン、タレント、俳優、ベーシスト、ミュージシャン。
ザ・ドリフターズ」(略称:ドリフ)の3代目リーダー 本名:碇矢 長一(いかりや ちょういち) 愛称は「長さん」 ドリフ時代初期は芸名を「いかり矢 長介」(読み同じ)としていた。
ドリフ映画で使われる呼び名は「ゴリラ」「下唇」。
ザ・ドリフターズ」のリーダーとして、TBSの『8時だョ!全員集合』や、フジテレビの『ドリフ大爆笑』で一世を風靡 その後は俳優、タレントとして活躍 先に挙げた2番組での「お笑い」のイメージとは一線を画した、味わい深く「渋い」演技を見せた。
しかし1961年12月31日、巡業の往路で交通事故を起こし、「ジミー時田とマウンテン・プレイボーイズ」の所属事務所と関係が悪化する。
1962年、加藤茶と同時期に、小野ヤスシ、ジャイアント吉田らが在籍していた「桜井輝夫とザ・ドリフターズ」に参加 のちに桜井が引退しリーダーがいかりやに交代し「碇矢長一とザ・ドリフターズ」にグループ名を改称。
しかしその後、諸事情から小野らは独立しドンキーカルテットを結成してしまう。
1964年に仲本工事、高木ブー、荒井注(1974年脱退)、綱木文夫(1965年脱退)を加えて「ザ・ドリフターズ」を再結成 それとともに、ナベプロの傘下に入って、当時人気絶頂だったハナ肇とクレージーキャッツの後輩として、大々的に売り出した。
ただし、いかりや自身が後に自著のあとがきで「師匠に付いたことはない」と記述している通り、クレージーの直弟子であったわけではない(クレージーにはいかりやより年下のメンバーも含まれていた) なお、クレージーとの初対面の時に、クレージーのリーダーであったハナ肇から「いかりや長介」の芸名を与えられ、以来その芸名で通すことになった(他のメンバーも同様)。
1966年にはビートルズの前座として、ザ・ドリフターズを率い日本武道館で公演。
仲本のヴォーカルで『のっぽのサリー』(Long Tall Sally)を演奏した。
2017/12/26(火)
   
いかりや長介のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
いかりや長介のつながりをもっと見る