このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

渥美清


椎名林檎


ダンディ坂野


国分太一


加山雄三


布袋寅泰


伊東四朗


渡辺美里


>>もっと見る

ザ・ドリフターズ 志村けん

ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ(The Drifters)は、日本の音楽バンドおよびコントグループである。1969年頃までバンドを主活動とし、それ以降は主としてコントグループとして活動した。通称はドリフ。1970年代から1980年代中頃を全盛期に、TBS系の『8時だョ!全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活動した。現在は、グループで活動することはほとんどない。

amass.jp

live.nicovideo.jp

sp.mainichi.jp
  新生ドリフになってからはメンバーはほぼ固定され、5人の構成が取られるようになった。
ただし、荒井注の活動休止宣言(実質的な脱退宣言)の際には志村けんが正式見習いとして加入し、一時的に6人構成となった。
また、いかりやの著書にも記述されているように、すわしんじ(現:すわ親治)の活躍ぶりにより、正メンバーではないが彼を6人目のメンバーと見なす解釈もある。
他に付き人は大勢在籍していたが、メンバーとして紹介されることはない。
さらには、人形ながらもジャンボマックスがメンバー扱いされる記事も見受けられる。
いかりや没後には新メンバーを加入させる予定はなく、現在4人の構成となっている。
渡辺プロに移籍し、1965年に綱木が脱退した(新生ドリフメンバー脱退第1号)後の1966年春、メンバーは事務所の先輩ハナ肇に芸名を付けられる。
その後に「いかりや長介とザ・ドリフターズ」と名乗ることもあった(短期間ながら、初期には「いかりや長一とザ・ドリフターズ」だったこともある)。
これ以降、碇矢の名をいかりやと記述する。
初期新生ドリフは、ポスト「クレージーキャッツ」を自負するコミックバンドとしてジャズ喫茶出演やTV出演を行っていた。
当時高校生の志村けんはビートルズ公演の際にドリフの前座を観客として見ていたとする記述が居作の著作などに見られるが、志村本人は否定。
また志村が隠し撮りしたビートルズ公演の写真からも志村が見たのはドリフターズが出演しなかった日であることがわかる。
後述する『大正テレビ寄席』出演の頃からコントに軸足を移すようになる。
この番組で、後のライバルとなるコント55号と出会う この頃から徐々にドリフの人気が高まる。
そして、1967年には映画『なにはなくとも全員集合』で初主演を果たす。
いかりやはこのメンバーを急場凌ぎと捉え、いずれ整理しようと自著『だめだこりゃ』に記している。
音楽面に有能なメンバーに去られ、新メンバーは音楽面では劣ると見ていたから(特に荒井は満足にピアノが弾けなかった)である。
しかし、『大正テレビ寄席』の山下武プロデューサーによれば、お笑いの技量はドリフがドンキーを凌いでいたという。
番組としてはもっと出て欲しかったが、諸般の事情(司会の牧伸二がドンキーカルテットと同じ事務所だったこと)により数回の起用に留まり、泣く泣くドリフよりもドンキーを重用していたとのことである。
2005年、『中居正広のテレビ50年名番組だョ!全員集合笑った泣いた感動したあのシーンをもう一度夢の総決算スペシャル』でワンコーナーの短い時間ながら、中居と4人のメンバーでコントをした。
2017年、『志村けんのだいじょうぶだぁスペシャル』で12年ぶりに4人揃って共演した。
この他、メンバー全員が出演しているわけではないが、キリン「淡麗グリーンラベル」のCMはドリフターズへのオマージュである。
メンバー間の「イインダヨ!」「グリーンダヨ!!」の掛け合いが印象的 CMに使われている曲は「8時だョ!全員集合」のオープニング曲やその際のメンバー入場時に使われた曲をアレンジしたもので、出演者5人が『全員集合』オープニングの衣装を着て踊るバージョンもあった。
また、同CMには志村けん本人が共演しているバージョンもあるが、実は登場する5人にはそれぞれモデルのドリフメンバーにちなんだ英語風の名前やキャラクター設定がなされており、出演者の風貌も5人それぞれのメンバーにそっくりな人(なお全員外人である)を選んである。
キャラクターの設定は次の通りで、「ザ・ウリフターズ(瓜二つ)」というグループ名がある。
アンカー:5人のリーダー。
いかりやが元ネタである(碇は英語でアンカー)。
ブラウン:ムードメーカー。
しばしば「へっくし!!」と変なクシャミをする。
加藤が元ネタである(茶色が英語でブラウン)。
ケント:一番の年下だが、態度がでかく失敗ばかりしている。
志村けんが元ネタである。
マット:ひかえめだが、まじめで正義感が強い。
メガネを掛けたまま運動するのが得意。
仲本が元ネタである(マットは仲本が得意とした体操のマットから)。
原曲は「海軍小唄」 のちに、荒井注脱退により荒井のパートのみを差し替えた「志村けんバージョン」が「ゴー・ウェスト」のB面に収録。
原曲は「東京節」。
この曲より志村けんが参入。
2017/11/10(金)
   
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る