このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

仲里依紗


バカリズム


笑福亭笑瓶


THE_YELLOW_MONKEY


猪瀬直樹


稲村亜美


SCANDAL_(日本のバンド)


関ジャニ∞


>>もっと見る

ザ・ドリフターズ 荒井注

ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ(The Drifters)は、日本の音楽バンドおよびコントグループである。1969年頃までバンドを主活動とし、それ以降は主としてコントグループとして活動した。通称はドリフ。1970年代から1980年代中頃を全盛期に、TBS系の『8時だョ!全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活動した。現在は、グループで活動することはほとんどない。

www.geocities.co.jp

laughy.jp

www.fami-geki.com
  いかりや長介がリーダーに就任した当時は前リーダーの桜井輝夫が個人オーナーとしてメンバーの面倒をみる形をとっていたが、小野ヤスシら4人がドンキーカルテットを結成して脱退、かわって荒井注・高木ブー・仲本工事が加入し新生ドリフに切り替わりその活動が安定すると桜井はドリフの将来を見越してすべての権利を渡辺プロダクションに譲り渡した。
1979年より渡辺プロダクションより分社した「イザワオフィス」にいしだあゆみらとともに移籍した。
新生ドリフになってからはメンバーはほぼ固定され、5人の構成が取られるようになった。
ただし、荒井注の活動休止宣言(実質的な脱退宣言)の際には志村けんが正式見習いとして加入し、一時的に6人構成となった。
また、いかりやの著書にも記述されているように、すわしんじ(現:すわ親治)の活躍ぶりにより、正メンバーではないが彼を6人目のメンバーと見なす解釈もある。
他に付き人は大勢在籍していたが、メンバーとして紹介されることはない。
さらには、人形ながらもジャンボマックスがメンバー扱いされる記事も見受けられる。
いかりや没後には新メンバーを加入させる予定はなく、現在4人の構成となっている。
1999年末から2000年新春にかけて、(荒井注の節にもあるが)荒井を含めた6人のメンバーと田中麗奈が七福神に扮した「フジカラー・フィルム」の2000年新春版CMが放映される。
原曲は「海軍小唄」 のちに、荒井注脱退により荒井のパートのみを差し替えた「志村けんバージョン」が「ゴー・ウェスト」のB面に収録。
2000年に『ドリフだよ!全員集合(赤盤)』『ドリフだよ!全員集合(青盤)』(共に2枚組CD、東芝EMI)がリリースされ、シングルやLPの音源はもちろん、ソノシートの音源などをも収録し、ドリフのほとんどの曲が網羅されている。
赤盤・青盤とも、解説の最後のページに、「荒井注さんのご冥福を謹んでお祈りいたします 」と書かれている。
2017/8/22(火)
   
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る