このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

井上順


オリエンタルラジオ


浜崎あゆみ


橋本環奈


岡田圭右


渡辺麻友


勝俣州和


菅野美穂


>>もっと見る

ザ・ドリフターズ 8時だョ!全員集合

ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ(The Drifters)は、日本の音楽バンドおよびコントグループである。1969年頃までバンドを主活動とし、それ以降は主としてコントグループとして活動した。通称はドリフ。1970年代から1980年代中頃を全盛期に、TBS系の『8時だョ!全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活動した。現在は、グループで活動することはほとんどない。

www.geocities.co.jp

laughy.jp

www.fami-geki.com
  ザ・ドリフターズ (The Drifters) は、日本の音楽バンドおよびコントグループである。
1969年頃までバンドを主活動とし、それ以降は主としてコントグループとして活動した。
通称はドリフ。
1970年代から1980年代中頃を全盛期に、TBS系の『8時だョ!全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活動した。
2017年現在、解散はしていないがグループで活動することはほとんどない。
8時だョ!全員集合』、『ドリフ大爆笑』、テレビ朝日『ドリフと女優の爆笑劇場』等の番組にゲスト出演した一流俳優、一流女優、アイドル歌手、演歌歌手までが、番組内では本来のイメージを越えた役作りやギャグをすることをバーチャルなお笑いドラマやコント出演としてファンからも許されたばかりか、ドリフと一緒にコントをやりたいために自ら希望して演じる者も多数出てきた。
そういったゲストからお笑いとしての個性を引き出され、新たな方向性や個性をも作っていった者も少なくない。
また、実際に主に立ち回りながらしゃべって笑いを引き出すのはメンバーであっても、ゲストが笑いの中心であるように見せる企画力や技術もあり、この点ではドリフに対する信頼の高さをうかがわせた。
ボーカル・ギター担当。
雑誌「ミュージックライフ」1958年10月号によれば、1958年5月に井上ひろしとドリフターズの正メンバーとなり、ボーカルをやっていた。
同年8月、第3回日劇ウエスタンカーニバルにメンバーとして出演し、12月にダニー飯田とパラダイス・キングに移籍の形で脱退 「8時だョ!全員集合」の第1回放送にゲスト出演している。
元TBSテレビプロデューサーで、独立後テレビ制作会社「タイクス」を設立、同社の代表取締役社長を務めた。
8時だョ!全員集合』や前枠番組の『お笑い頭の体操』、『クイズダービー』をプロデュースした。
2005年4月10日没。
享年72。
全員集合のコントの仕掛けを作っていた美術スタッフ。
後に番組の回顧として『8時だョ!全員集合の作り方―笑いを生み出すテレビ美術』を執筆。
1969年、居作昌果の誘いにより『8時だョ!全員集合』のメインキャストを務め、コント55号を人気の面で圧倒し、ドリフは一躍お茶の間の人気者となったと同時に、全員集合は低俗番組のレッテルを貼られ、ドリフは人気と引き換えにPTAと地婦連から目の仇にされる。
この番組を見ていたお笑い好きのバンド青年、諏訪園親治が1970年に加藤の運転手として加入、2年後に見習いとして全員集合に出演。
1973年秋、荒井が体力の限界を理由に脱退宣言(綱木に次いで2人目の新生ドリフメンバーの脱退)。
志村が荒井の後釜として見習いとなる。
荒井の後釜選びのとき、加藤がいかりやに志村を推薦し、悩んでいたいかりやも付き人の中で最も才能のある志村を選んだ。
ファンは「荒井の後釜はすわである」と思っていた人が多く、当時無名の志村が後釜ということで違和感を覚えた人が多かった。
当時のすわは付き人の中で最も世間に顔が売れており、かつ全員集合ではブルース・リーのものまねにより人気が出ていた。
渡辺プロが強引にTBS系の『8時だョ!全員集合』を一時休止してまで製作した公開生番組 内容・構成は『全員集合』とほぼ類似 セットは後に同局の『ハッチャキ!!マチャアキ 』や『金曜10時!うわさのチャンネル!!』に流用された。
8時だョ!全員集合』と共にドリフの代名詞ともいえるテレビ番組で、『火曜ワイドスペシャル』の月1回企画として放送された。
現在、新作は製作されていないが、2003年12月23日、年末特番として編集版放送の際、オープニングとエンディングが新しく撮り直された。
2003年では、1983年の時に踊っていたスクールメイツの娘がスクールメイツとして踊ったりと、歴史を感じさせた。
リーダーのいかりやが翌2004年に死去したため、この映像がメンバー5人が一堂に会した最後のものとなった。
なお、このドリフとしての最後の映像は、2003年12月8日に撮影されたものである。
このタイトルの後ろに、「ドリフ大爆笑'77」など、その年の西暦のうちの下2桁の数字が付く。
この他、メンバー全員が出演しているわけではないが、キリン「淡麗グリーンラベル」のCMはドリフターズへのオマージュである。
メンバー間の「イインダヨ!」「グリーンダヨ!!」の掛け合いが印象的 CMに使われている曲は「8時だョ!全員集合」のオープニング曲やその際のメンバー入場時に使われた曲をアレンジしたもので、出演者5人が『全員集合』オープニングの衣装を着て踊るバージョンもあった。
また、同CMには志村けん本人が共演しているバージョンもあるが、実は登場する5人にはそれぞれモデルのドリフメンバーにちなんだ英語風の名前やキャラクター設定がなされており、出演者の風貌も5人それぞれのメンバーにそっくりな人(なお全員外人である)を選んである。
キャラクターの設定は次の通りで、「ザ・ウリフターズ(瓜二つ)」というグループ名がある。
アンカー:5人のリーダー。
いかりやが元ネタである(碇は英語でアンカー)。
2017/8/17(木)
   
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る