このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

TUBE


香川照之


蛭子能収


唐沢寿明


GReeeeN


関ジャニ∞


松井珠理奈


モーニング娘。


>>もっと見る

ザ・ドリフターズ リーダー

ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ(The Drifters)は、日本の音楽バンドおよびコントグループである。1969年頃までバンドを主活動とし、それ以降は主としてコントグループとして活動した。通称はドリフ。1970年代から1980年代中頃を全盛期に、TBS系の『8時だョ!全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活動した。現在は、グループで活動することはほとんどない。

画像ページ

画像ページ

画像ページ
  いかりや長介がリーダーに就任した当時は前リーダーの桜井輝夫が個人オーナーとしてメンバーの面倒をみる形をとっていたが、小野ヤスシら4人がドンキーカルテットを結成して脱退、かわって荒井注・高木ブー・仲本工事が加入し新生ドリフに切り替わりその活動が安定すると桜井はドリフの将来を見越してすべての権利を渡辺プロダクションに譲り渡した。
1979年より渡辺プロダクションより分社した「イザワオフィス」にいしだあゆみらとともに移籍した。
前期バンド時代のメンバーは、当時のバンド移籍文化もあり、移り変わりが激しかった。
初期のメンバーには、坂本九や小野ヤスシらがいたが、このうち小野は新リーダーになったいかりやに反発して、ジャイアント吉田(現在、催眠カウンセラーの吉田かずお)らとともに4人で脱退し、ドンキーカルテットを結成した。
そのとき、残ったのはいかりやと加藤だけであった。
新生ドリフ初期メンバーの名付け親は、当時の所属事務所・渡辺プロダクションの先輩格でドリフのメンバー達にとって憧れの存在だった「クレージーキャッツ」のリーダー・ハナ肇。
ドリフのメンバーにしてみると、ハナの独断に満ちた判断で適当に名付けられた感じがしたが、逆にインパクトがあり、今でも各人の名が覚えられる結果となった。
なお、後に加入した志村は自分の父親の名前より芸名を決め、すわの芸名はいかりやにより名付けられた(各人の芸名の由来は各人の項参照)。
元々ドリフは純粋なバンドであり、お笑いとは程遠い存在だったが、桜井輝夫がリーダーになってからは、コミックの要素を音楽に取り入れるようになった。
当時のドリフターズは出演の最初はメンバーが各ポジションでワンフレーズ演奏をして、いかりやの「全員集合」の一声で全員が舞台前面に出てきてコントを始めていた。
これが後の彼らのキャッチフレーズとして使われる「全員集合」の由来である。
コントの中身もそれぞれの楽器を使った音楽がらみの物が多かった。
そして新生ドリフになった後からは、グループの活動はお笑いが中心となっていった。
志村が正式メンバーになる前後でチームの笑いのパターンは変化している。
ドリフ再結成直後は高木ブーを中心にした笑いだったが、すぐに加藤茶を中心としたコントに変更され、のっぽ(権力者役のいかりや)、でぶ(無芸大食の高木)、めがね(風見鶏、インテリ役の仲本工事)、はげ(ふてぶてしいおじさん役の荒井)、ちび(いじめられ役の加藤)という、吹き溜まりの集団内での人間関係というチームワークで、加藤がオチを取っていた。
それと同時に「いかりやから加藤を中心として4人共にいじめられながらも表向きは従い、機会を見ては権力者であるいかりやに前述のキャラクターを生かしたそれぞれの方法で時には共謀して歯向かい、形勢がいかりやに戻るとその4人がそれぞれの個性をもった方法でばらばらになり、要領の悪いメンバー(加藤)だけがバレて犠牲になる」といった社会的な縮図を指摘する者もいる。
時折、加藤といかりやとの権力争いの結果、リーダーの座が逆転したり始めから加藤がリーダーとなるパターンもあった。
また、音楽の要素を残し、笑いに取り入れている時代でもあった。
ドリフの三代目リーダー
1962年にドリフのメンバーとなり、1964年より正式リーダーとなる。
新生ドリフでは加藤と並んで最古参メンバーだった。
ベース、ツッコミ(時にはボケ)担当。
コントでは、わざと嫌われ役汚れ役の権力者を演じ、加藤(後には志村)の仕返しというパターンで笑いを取ることが多かった。
中央大学経済学部卒業。
1964年9月に荒井と同時にドリフ入り。
自称、いかりや没後の四代目リーダー
初期ではリードギター担当。
最も印象が薄いが、「ドリフの中では最も音楽性が高い」とのいかりやの評価もある。
ドリフ脱退が決定していた小山威の後釜ギターとして仲本をドリフに誘った人物。
仲本を誘う際、嘗てのハワイアンバンドのメンバーである青木健か仲本のどちらをドリフへ誘うべきか悩んだが、いかりやがあまりにも早急にメンバー補充を求めており、直ぐに連絡が付き、なおかつ対バンした事もあった仲本を誘ったという本人の証言がある。
学習院大学政治経済学部卒業。
東京商工会議所の内定を得ていたが、高木が脱退するギタリスト小山威の後釜として仲本をいかりやに紹介し内定を蹴って1965年1月1日付でドリフ入り。
初期のドリフでは、ギターとロック系ボーカル担当。
ビートルズの前座で「ロング・トール・サリー」のボーカルを取ったのも彼である。
コントでは、「要領のいい、リーダーに媚を売る役」、「内心、何を考えているのか分からない役柄」を演じることが多く、全てのメンバーにしっかり合わせられる器用さがあった。
また、学生時代に体操部で身につけた床運動(マット体操)での軽快な身のこなしも有名だった。
1981年2月18日には競馬のノミ行為が発覚し、謹慎1カ月、書類送検の上略式起訴された。
賭けた金額は当時の金額で約100万円だった。
元・正メンバー。
二松學舍大学文学部卒業。
1964年9月に高木と同時にドリフ入り。
ドリフ入りした当初は「リーダー(いかりや)より年上では何かと問題がある」ということで、加入後しばらくは高木とほぼ同年代(1934年生まれ)と年齢を詐称していた。
なお、当初はドリフのメンバーですら彼の正確な年齢を知らなかった。
オルガン(ピアノ)担当。
しかし、クレージーウエスト時代にピアノの欠員が出て、それまで担当していたスチールギターから急遽転向した経緯があったため、ロカビリーのスリーコードしか弾けず、演奏できるレパートリーは数少なかった。
いかりやの著書によれば、いかりやは彼のレパートリーの少ないことを知らないままヘッドハンティングしたことを後悔したという。
初代リーダー
ギター担当。
元・東京ウエスタンボーイスの出身。
マウンテンボーイズとの合併により、サンズ・オブ・ドリフターズのリーダーとなる。
その後、1959年桜井輝夫にリーダーの座を譲り、渡辺プロマネージャーを経て、現在は芸能事務所「第一プロダクション」社長。
音楽出版社協会(MPA)副会長、音事協の名誉理事を兼任。
2代目リーダー
ギター、ボーカル担当。
岸部リーダー時のメンバーの大半が脱退後、脱退しなかった小野ヤスシ、新加入のポン青木を誘って3人で解散寸前のドリフターズを再結成させる。
ドリフをロカビリー→ロックバンドからコミックバンドに転向させる際、桜井はコミックに精通していなかったためジミー時田とマウンテンプレイボーイズより碇矢長一をヘットハンティング。
一般的に知られている5人のメンバーになったドリフメンバーの中では、いかりやと加藤のみが桜井リーダー時のメンバーとして在籍(荒井・高木、仲本の3人も居るには居たが、3人は桜井がオーナーの立場になってからの加入)した。
1964年秋リーダーの座を正式にいかりやに譲り、1965年ドリフの管理を渡辺プロへ譲渡し脱退。
フジテレビ系バラエティ番組『ウチくる!?』の2001年10月7日放送分において、加藤茶がゲスト出演した際に、加藤の芸能界の恩師として登場したことがある。
桜井輝夫とザ・ドリフターズ時代のメンバー。
テナー・サックス担当。
加藤をドリフターズに加入するよう誘い、メンバーに加入させている。
桜井がいかりやに形式的にリーダーを譲り完全にコミック色が強くなった頃に脱退。
桜井輝夫とザ・ドリフターズ時代のメンバー。
ピアノ担当。
桜井がいかりやに形式的にリーダーを譲り完全にコミック色が強くなった頃に脱退。
1960年5月、第一プロダクション(ドリフターズの初代リーダーとされる岸部清が現在社長を務める芸能事務所)主催の新人ロック歌手コンテストに入賞して芸能界入り。
桜井輝夫とザ・ドリフターズにボーカルがいなかったことから抜擢され1960年〜1963年頃、木の実ナナと共にドリフターズの専属シンガーだった。
高校生でウェスタンカーニバルの出場資格を得たほどの実力者だった(諸般の事情で実際には出場していない)。
以下、雑誌「ミュージックライフ」、いかりや長介著「だめだこりゃ」、高木ブー著「第5の男」、および加藤茶の証言などを基に極力矛盾が少なくなるように整合させた、いかりやが正式リーダーになるまでの経緯を紹介する。
なお、新生ドリフ結成の解釈には、おなじみ5人のメンバーが揃った時と渡辺プロ移籍時の2通りがあるが、本記事ではイザワオフィスの公式発表に従い後者とする。
1956年春頃からプレスリー人気が日本にも波及するようになり、カントリーウェスタンバンドの中で、当時最新の音楽だったロカビリーに行くか純粋にカントリーのままで留まるか、路線を巡り合従連衡が起こった。
ロカビリーはドラムが必要だが、カントリーには邪道だと思われていた。
そんな背景の中で、同年秋頃に「マウンテンボーイズ」と「東京ウエスタンボーイズ」が合併し「ザ・サンズ・オブ・ドリフターズ」として結成(参考 )。
名の由来はアメリカのThe Driftersの息子(Sons)という意味からつけたという説とThe Drifting Cowboysから連想してつけたという説がある。
岸部清がリーダー
1957年2月に山下敬二郎が加入、駐留米兵相手のウエスタン兼ロカビリーバンドとして活躍し、山下のボーカルが人気を集める。
この時の写真(下記メンバー3)→(1957年頃)。
大野と親交のある高木は、いかりやが3代か4代目のリーダーと語っている。
大野が初代とすればいかりやは4代目となる。
1962年、桜井がコミカル路線を強化するため、「ジミー時田とマウンテンプレイボーイズ」のベーシストをやっていたが、演奏の合間のお笑いに熱を入れすぎたり、事故を起こして孤立していた碇矢長一(当時は芸名でなく本名)をヘッドハンティングした。
碇矢は、アメリカの一流ミュージシャンが演奏だけではなくジョークも上手い事に感銘を受け、司会やコミカルな演奏を行うようになり、客層が、音楽目当てとギャグ目当てに二分される原因となり、時田は内心不満に思っていたという その少し前には「クレイジー・ウエスト」(ミッキー・カーチスのバック・バンド)のメンバーだった加藤英文(同じく当時は芸名でなく本名)が、コミックに興味が無く脱退したドラマーの後釜として田中の誘いで参加し、メンバーとしての活動を始めていた。
加藤の証言ではドリフ加入時には加藤を含めて総勢15人のメンバーがいたとのこと この15人に高松が含まれていたかは不明だが仮に含めたとしても加藤を除いて13人となるため、名前が全く知られていないメンバーが在籍していたことになる。
また、いかりやは、自分が移籍した直後に、マウンテンプレーボーイズ時代から旧知の間柄でコミック向きだったジャイアント吉田を誘ってドリフに加入させる。
そして、碇矢がリーダー代行という形で、「ザ・ドリフターズ」を本格的なコミック・バンドとして9人で再々編して出発することになる。
しかし碇矢がメンバー入りし、完全にコミックバンドへ方向転換し始めた矢先、コミカル路線を嫌うメンバー(田中、三好)が脱退。
その後、暫くして青木も移籍という形で脱退してしまったため、メンバーに飯塚を加えることとなる。
これが、現在万人に知られているドリフの母体、原形である。
1963年、桜井は徐々にライブに出演しないようになるが名目上のリーダーとしてバンドの采配を握っており、碇矢は実質的なリーダーとして練習の鬼と化した。
また、この時期に碇屋長兵衛という芸名で出ている。
1964年夏、碇矢のワンマンぶりに対し、小野は一種のクーデターを起こし、吉田、飯塚、猪熊を誘って脱退して、「ドンキーカルテット」を結成する。
当初は加藤も加入したい意向であったが、グループ名を「カルテッド(4人組)」と決めていたことで今さら変更しにくいのと、当時辛うじて顔が売れていた加藤を残留させればドリフは残せるとの考えから、加藤へ「お前はドリフに残った方がいいのではないか?」と説得した。
また、加藤本人の話では碇矢からも「お前はどうするんだ!!」と凄まれて執拗に残留を求められ、その時の顔の迫力により「残ります…」と言わざるを得なかったとされているが、実際は桜井から「お前はどうするんだ?」と持ちかけられて説得されたという経緯がある。
その他、小野らが正式に脱退を決めていないうちから仕事をブッキングしていたのに違和感を覚えた事も、残留を決めた理由の一つだったという クーデターのきっかけは、碇矢がコントの練習中に、身が入らないメンバーに対して怒り出し「お前らなんか辞めちまえ!」と恫喝した事である。
既にグループ名を決め、脱退後の仕事もブッキングしていたことで「仰せの通り辞めさせて頂きます」と言って、あっさり辞める意思を示してしまい、焦った碇矢は「俺が辞めるからドリフに残ってくれ」と何度も説得した。
しかし小野らは、碇矢がリーダー代行となった当初から、音楽よりもコントを重視する姿勢に嫌気が差していて、ドリフが売れ始め、ようやくまともな収入を得られるようになったことから仕方なく残っていただけであり、結局脱退する運びとなった。
騒動の責任を取り桜井が辞めて、正式に碇矢が三代目のリーダーになったが、引き続き桜井はオーナー的立場で面倒を見た。
この結果、残されたメンバーはリーダーの碇矢、ドラムの加藤、ギターの小山、渡辺プロとの繋がりからメンバー入りしたサックスの綱木だったが、小山は病気で入院中で綱木は臨時雇いであり実質のメンバーは、いかりやと加藤だけだった。
その後、石川サダオ(担当音楽不明)が極々短期間メンバーとして加入している。
1965年春、綱木は正メンバーとして残りたがったが、お笑いに向いていないとして、いかりやに脱退させられる。
その後、桜井の意向によりドリフは渡辺プロに預けられることとなり、桜井は完全に身を引いた。
ドリフといえば通常、桜井の影響が完全に無くなり碇矢が名実ともにリーダーになったこの時期以降のことを指す。
なお、加藤の「20歳でドリフに入った」との証言(彼が入ったのは19歳で、1964年の秋は21歳)から、ドリフ再結成(新生ドリフ結成)年の解釈に齟齬もある。
この頃までは、ドリフターズはジャズ喫茶出演が中心で、全国的には無名に近いバンドであり、辛うじて加藤の「カトちゃんぺっ」のギャグがTV放映でわずかに知られていた程度である。
1990年代半ば、志村のゴールデンタイムのレギュラー番組が終了すると、『大爆笑』にて久々に5人全員のコントが復活するようになる。
2000年代に入ると「ザ・ドリフターズ」として集合することは、さらに少なくなったが、それぞれバラエティーやトーク番組、ドラマや舞台、CMなどに出ていた。
1999年末に富士フイルムのテレビCMで荒井を含めて、久々の6人による「全員集合」となり健在ぶりを見せたが、荒井は翌2000年2月8日に肝不全のため死去 2001年8月に『第33回思い出のメロディー』出演、大晦日には『第52回NHK紅白歌合戦』に正式な歌手として最初で最後の出場を果たす そして2003年12月8日、『ドリフ大爆笑』の最新オープニングの収録に臨み、2年ぶりに5人揃っての「全員集合」となったが、翌2004年3月20日にリーダーのいかりやがリンパ節がんのため死去 2005年、『中居正広のテレビ50年名番組だョ!全員集合笑った泣いた感動したあのシーンをもう一度夢の総決算スペシャル』でワンコーナーの短い時間ながら、中居と4人のメンバーでコントをした。
この後は長らく現存メンバー4人が共演してコントを披露する機会はなかったが、2017年に志村の冠スペシャル番組である『志村けんのだいじょうぶだぁスペシャル』において12年ぶりのコントがおこなわれ、3月15日に放映された。
これが現時点で公開された最後のドリフのコントである。
2017年現在も解散宣言は出されず、最後の1人が死去することによって終焉を迎える自然消滅という形を採る。
なお、いかりやの死去以降はリーダー制がなくなり、誰がリーダーだという取り決めは特に無いが、桜井リーダー時から在籍する最古参であること、現ドリフメンバーの中ではいかりやと最も古い付き合いであること、インタビュー時には代表としてコメントする機会が多いことなどから、加藤が実質的なリーダーである。
現在は、高木が80代半ば、仲本と加藤が70代と高齢になってきているので、徐々に目立った活動は減ってきているが、60代後半である志村は相変わらずTVを中心に舞台公演なども精力的にこなして活躍している。
『8時だョ!全員集合』と共にドリフの代名詞ともいえるテレビ番組で、『火曜ワイドスペシャル』の月1回企画として放送された。
現在、新作は製作されていないが、2003年12月23日、年末特番として編集版放送の際、オープニングとエンディングが新しく撮り直された。
2003年では、1983年の時に踊っていたスクールメイツの娘がスクールメイツとして踊ったりと、歴史を感じさせた。
リーダーのいかりやが翌2004年に死去したため、この映像がメンバー5人が一堂に会した最後のものとなった。
なお、このドリフとしての最後の映像は、2003年12月8日に撮影されたものである。
このタイトルの後ろに、「ドリフ大爆笑'77」など、その年の西暦のうちの下2桁の数字が付く。
この他、メンバー全員が出演しているわけではないが、キリン「淡麗グリーンラベル」のCMはドリフターズへのオマージュである。
メンバー間の「イインダヨ!」「グリーンダヨ!!」の掛け合いが印象的 CMに使われている曲は「8時だョ!全員集合」のオープニング曲やその際のメンバー入場時に使われた曲をアレンジしたもので、出演者5人が『全員集合』オープニングの衣装を着て踊るバージョンもあった。
また、同CMには志村けん本人が共演しているバージョンもあるが、実は登場する5人にはそれぞれモデルのドリフメンバーにちなんだ英語風の名前やキャラクター設定がなされており、出演者の風貌も5人それぞれのメンバーにそっくりな人(なお全員外人である)を選んである。
キャラクターの設定は次の通りで、「ザ・ウリフターズ(瓜二つ)」というグループ名がある。
アンカー:5人のリーダー
いかりやが元ネタである(碇は英語でアンカー)。
ブラウン:ムードメーカー。
しばしば「へっくし!!」と変なクシャミをする。
加藤が元ネタである(茶色が英語でブラウン)。
2004年が結成40周年に当たり、様々な番組企画、イベントなどが事務所やTVで予定されていたが、前述の通り、2000年に初期メンバーの荒井と2004年にリーダーいかりやの死去により、完全な「全員集合」の実現は不可能である。
2017/6/27(火)
   
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る