このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

中村靖日


升毅


あがた森魚


白川由美


大野いと


余貴美子


小野武彦


戸田菜穂


>>もっと見る

ザ・ドリフターズ ドンキーカルテット

ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ(The Drifters)は、日本の音楽バンドおよびコントグループである。1969年頃までバンドを主活動とし、それ以降は主としてコントグループとして活動した。通称はドリフ。1970年代から1980年代中頃を全盛期に、TBS系の『8時だョ!全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活動した。現在は、グループで活動することはほとんどない。

amass.jp

live.nicovideo.jp

sp.mainichi.jp
  いかりや長介がリーダーに就任した当時は前リーダーの桜井輝夫が個人オーナーとしてメンバーの面倒をみる形をとっていたが、小野ヤスシら4人がドンキーカルテットを結成して脱退、かわって荒井注・高木ブー・仲本工事が加入し新生ドリフに切り替わりその活動が安定すると桜井はドリフの将来を見越してすべての権利を渡辺プロダクションに譲り渡した。
1979年より渡辺プロダクションより分社した「イザワオフィス」にいしだあゆみらとともに移籍した。
前期バンド時代のメンバーは、当時のバンド移籍文化もあり、移り変わりが激しかった。
初期のメンバーには、坂本九や小野ヤスシらがいたが、このうち小野は新リーダーになったいかりやに反発して、ジャイアント吉田(現在、催眠カウンセラーの吉田かずお)らとともに4人で脱退し、ドンキーカルテットを結成した。
そのとき、残ったのはいかりやと加藤だけであった。
元・正メンバー(1959年 - 1964年)。
コンガ、ボーカル担当。
井上ひろしとザ・ドリフターズの最末期に加入。
1964年夏にいかりやと対立してドリフを脱退。
後述するクーデターにより、ドリフが現在のメンバー構成となるきっかけを作った人物である。
小野脱退以後のメンバー構成が世間では「ドリフターズ」と認知されているためか、彼がドリフメンバーだったことを知っている者は少ない 脱退後、後述する他のドリフ脱退メンバーと共にドンキーカルテットを結成 1970年よりソロ活動となり、バラエティー番組で活躍 ドリフ脱退後も加藤との交友関係は続き、1993年には加藤、仲本と共に「加トちゃんBAND」を結成している。
ギター担当。
元々いかりやが在籍していた「ジミー時田とマウンテン・プレイボーイズ」のメンバーであったが、いかりやに誘われ1962年ドリフ入り。
1964年、小野ヤスシと共にクーデターを起こし脱退し、ドンキーカルテットを結成。
現在は芸能界の他、催眠術師として、執筆活動や催眠法のクリニックなどで活躍している。
大野義夫と親交があり、2017年2月22日に高木ブーや大野義夫らが出演するライブのMCを行う。
フィドル担当。
小野ヤスシと共にクーデターを起こし脱退。
ドンキーカルテットを結成するがまもなく脱退。
後に11PMの水曜日のレポーターとして活躍。
キーボード担当。
長身でメガネが特徴。
ドンキーカルテットに移籍。
ドンキーのメンバーでは最後にドリフに加入。
後に声優もこなしたが芸能界から引退。
1963年、桜井は徐々にライブに出演しないようになるが、名目上のリーダーとしてバンドの采配を握っており、碇矢は実質的なリーダーとして練習の鬼と化した。
また、この時期に碇屋長兵衛という芸名で出ている。
1964年、碇矢のワンマンぶりに耐えかねた小野は、吉田、飯塚、猪熊を誘って脱退、「ドンキーカルテット」を結成する。
当初は加藤も加入したい意向であったが、グループ名を「カルテッド(4人組)」と決めていたことで変更が難しいのと、当時辛うじて顔が売れていた加藤を残留させればドリフは残せるとの考えから、加藤はドリフに残るよう説得された。
また小野らが正式に脱退を決めていないうちから仕事をブッキングしていたのに違和感を覚えた事も、残留を決めた理由の一つだったという 小野らの脱退のきっかけは、碇矢がコントの練習中に、身が入らないメンバーに対して怒り出し「お前らなんか辞めちまえ!」と恫喝した事である。
既にグループ名を決め、脱退後の仕事もブッキングしていたことで「仰せの通り辞めさせて頂きます」と言って、あっさり辞める意思を示してしまい、焦った碇矢は、この4人が京都へ移動する際の列車の車内にまで追い掛けてまで「俺が辞めるからドリフに残ってくれ」と何度も説得した。
しかし小野らは、碇矢がリーダー代行となった当初から、音楽よりもコントを重視する姿勢に嫌気が差していて、ドリフが売れ始め、ようやくまともな収入を得られるようになったことから仕方なく残っていただけであり、結局脱退する運びとなった。
騒動の責任を取り桜井が辞めて、正式に碇矢が三代目のリーダーになったが、引き続き桜井はオーナー的立場で面倒を見た。
この結果、残されたメンバーはリーダーの碇矢、ドラムの加藤、ギターの小山、渡辺プロとの繋がりからメンバー入りしたサックスの綱木だったが、小山は病気で入院中で、綱木は臨時雇いであり、実質のメンバーは、いかりやと加藤だけだった。
その後、石川サダオ(担当音楽不明)が極々短期間メンバーとして加入している。
初期新生ドリフは、ポスト「クレージーキャッツ」を自負するコミックバンドとしてジャズ喫茶出演やTV出演を行っていた。
当時高校生の志村けんはビートルズ公演の際にドリフの前座を観客として見ていたとする記述が居作の著作などに見られるが、志村本人は否定。
また志村が隠し撮りしたビートルズ公演の写真からも志村が見たのはドリフターズが出演しなかった日であることがわかる。
後述する『大正テレビ寄席』出演の頃からコントに軸足を移すようになる。
この番組で、後のライバルとなるコント55号と出会う この頃から徐々にドリフの人気が高まる。
そして、1967年には映画『なにはなくとも全員集合』で初主演を果たす。
いかりやはこのメンバーを急場凌ぎと捉え、いずれ整理しようと自著『だめだこりゃ』に記している。
音楽面に有能なメンバーに去られ、新メンバーは音楽面では劣ると見ていたから(特に荒井は満足にピアノが弾けなかった)である。
しかし、『大正テレビ寄席』の山下武プロデューサーによれば、お笑いの技量はドリフがドンキーを凌いでいたという。
番組としてはもっと出て欲しかったが、諸般の事情(司会の牧伸二がドンキーカルテットと同じ事務所だったこと)により数回の起用に留まり、泣く泣くドリフよりもドンキーを重用していたとのことである。
1968年、『大正テレビ寄席』や『あなた出番です!』を見ていたコメディアン志望の志村康徳が付き人として加入。
この頃のドリフの番組は、コント55号に押され気味だった。
2017/12/11(月)
   
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る