このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

荒川静香


大谷亮平


錦戸亮


田村裕


遠藤舞


小嶋陽菜


西郷輝彦


麒麟_(お笑いコンビ)


>>もっと見る

ザ・ドリフターズ クレージーキャッツ

ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ(The Drifters)は、日本の音楽バンドおよびコントグループである。1969年頃までバンドを主活動とし、それ以降は主としてコントグループとして活動した。通称はドリフ。1970年代から1980年代中頃を全盛期に、TBS系の『8時だョ!全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活動した。現在は、グループで活動することはほとんどない。

www.geocities.co.jp

laughy.jp

www.fami-geki.com
  1956年にマウンテンボーイズ(1952年 - 1955年)と東京ウエスタンボーイズが合併して結成(参考 )。
クレージーキャッツの後輩。
結成当初から4年ほどは音楽バンドとして活動していた。
楽曲主体による音楽ネタなどを得意としており、テレビや映画出演が多くなるにつれ、コミックソング、コントやギャグが主体となっていった。
新生ドリフ初期メンバーの名付け親は、当時の所属事務所・渡辺プロダクションの先輩格でドリフのメンバー達にとって憧れの存在だった「クレージーキャッツ」のリーダー・ハナ肇。
ドリフのメンバーにしてみると、ハナの独断に満ちた判断で適当に名付けられた感じがしたが、逆にインパクトがあり、今でも各人の名が覚えられる結果となった。
なお、後に加入した志村は自分の父親の名前より芸名を決め、すわの芸名はいかりやにより名付けられた(各人の芸名の由来は各人の項参照)。
前期バンド時代はともかく、「新生ドリフ」はカバー曲や替え歌が主体のため、コミック・ソングとしては、「クレージーキャッツ」より低く見られがちだが、初期の多くの曲を手がけたなかにし礼の作詞と川口真のアレンジは、独自の「ドリフ・ミュージック」を作り上げた。
1970年代になると憧れていた先輩バンドである、「ハナ肇とクレージーキャッツ」に取って代わる形でドリフターズが人気になった。
これは、クレージーキャッツよりもコントができたためである。
渡辺プロに移籍し、1965年に綱木が脱退した(新生ドリフメンバー脱退第1号)後の1966年春、メンバーは事務所の先輩ハナ肇に芸名を付けられる。
その後に「いかりや長介とザ・ドリフターズ」と名乗ることもあった(短期間ながら、初期には「いかりや長一とザ・ドリフターズ」だったこともある)。
初期新生ドリフは、ポスト「クレージーキャッツ」を自負するコミックバンドとしてジャズ喫茶出演やTV出演を行っていた。
当時高校生の志村けんはビートルズ公演の際にドリフの前座を観客として見ていたとする記述が居作の著作などに見られるが、志村本人は否定。
また志村が隠し撮りしたビートルズ公演の写真からも志村が見たのはドリフターズが出演しなかった日であることがわかる。
後述する『大正テレビ寄席』出演の頃からコントに軸足を移すようになる。
この番組で、後のライバルとなるコント55号と出会う この頃から徐々にドリフの人気が高まる。
そして、1967年には映画『なにはなくとも全員集合』で初主演を果たす。
いかりやはこのメンバーを急場凌ぎと捉え、いずれ整理しようと自著『だめだこりゃ』に記している。
音楽面に有能なメンバーに去られ、新メンバーは音楽面では劣ると見ていたから(特に荒井は満足にピアノが弾けなかった)である。
しかし、『大正テレビ寄席』の山下武プロデューサーによれば、お笑いの技量はドリフがドンキーを凌いでいたという。
番組としてはもっと出て欲しかったが、諸般の事情(司会の牧伸二がドンキーカルテットと同じ事務所だったこと)により数回の起用に留まり、泣く泣くドリフよりもドンキーを重用していたとのことである。
ナショナル劇場として、クレージーキャッツや藤田まことら豪華メンバーで作られたコメディドラマ。
土曜21時からの30分クイズ番組。
司会は石坂浩二。
ドリフはコーナーレギュラーで、クレージーキャッツと隔週で出演した。
2017/10/15(日)
   
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る