このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

新川優愛


島崎遥香


山崎賢人


戸田恵子


加藤一二三


SKE48


岡田圭右


戸田恵梨香


>>もっと見る

ザ・ドリフターズ 小野ヤスシ

ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ(The Drifters)は、日本の音楽バンドおよびコントグループである。1969年頃までバンドを主活動とし、それ以降は主としてコントグループとして活動した。通称はドリフ。1970年代から1980年代中頃を全盛期に、TBS系の『8時だョ!全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活動した。現在は、グループで活動することはほとんどない。

画像ページ

画像ページ

画像ページ
  いかりや長介がリーダーに就任した当時は前リーダーの桜井輝夫が個人オーナーとしてメンバーの面倒をみる形をとっていたが、小野ヤスシら4人がドンキーカルテットを結成して脱退、かわって荒井注・高木ブー・仲本工事が加入し新生ドリフに切り替わりその活動が安定すると桜井はドリフの将来を見越してすべての権利を渡辺プロダクションに譲り渡した。
1979年より渡辺プロダクションより分社した「イザワオフィス」にいしだあゆみらとともに移籍した。
前期バンド時代のメンバーは、当時のバンド移籍文化もあり、移り変わりが激しかった。
初期のメンバーには、坂本九や小野ヤスシらがいたが、このうち小野は新リーダーになったいかりやに反発して、ジャイアント吉田(現在、催眠カウンセラーの吉田かずお)らとともに4人で脱退し、ドンキーカルテットを結成した。
そのとき、残ったのはいかりやと加藤だけであった。
2代目リーダー。
ギター、ボーカル担当。
岸部リーダー時のメンバーの大半が脱退後、脱退しなかった小野ヤスシ、新加入のポン青木を誘って3人で解散寸前のドリフターズを再結成させる。
ドリフをロカビリー→ロックバンドからコミックバンドに転向させる際、桜井はコミックに精通していなかったためジミー時田とマウンテンプレイボーイズより碇矢長一をヘットハンティング。
一般的に知られている5人のメンバーになったドリフメンバーの中では、いかりやと加藤のみが桜井リーダー時のメンバーとして在籍(荒井・高木、仲本の3人も居るには居たが、3人は桜井がオーナーの立場になってからの加入)した。
1964年秋リーダーの座を正式にいかりやに譲り、1965年ドリフの管理を渡辺プロへ譲渡し脱退。
フジテレビ系バラエティ番組『ウチくる!?』の2001年10月7日放送分において、加藤茶がゲスト出演した際に、加藤の芸能界の恩師として登場したことがある。
ギター担当。
元々いかりやが在籍していた「ジミー時田とマウンテン・プレイボーイズ」のメンバーであったが、いかりやに誘われ1962年ドリフ入り。
1964年、小野ヤスシと共にクーデターを起こし脱退し、ドンキーカルテットを結成。
現在は芸能界の他、催眠術師として、執筆活動や催眠法のクリニックなどで活躍している。
大野義夫と親交があり、2017年2月22日に高木ブーや大野義夫らが出演するライブのMCを行う。
フィドル担当。
小野ヤスシと共にクーデターを起こし脱退。
ドンキーカルテットを結成するがまもなく脱退。
後に11PMの水曜日のレポーターとして活躍。
2017/6/22(木)
   
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る