このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

荒川静香


大谷亮平


錦戸亮


田村裕


遠藤舞


小嶋陽菜


西郷輝彦


麒麟_(お笑いコンビ)


>>もっと見る

ザ・ドリフターズ マックボンボン

ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ(The Drifters)は、日本の音楽バンドおよびコントグループである。1969年頃までバンドを主活動とし、それ以降は主としてコントグループとして活動した。通称はドリフ。1970年代から1980年代中頃を全盛期に、TBS系の『8時だョ!全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活動した。現在は、グループで活動することはほとんどない。

www.geocities.co.jp

laughy.jp

www.fami-geki.com
  高校時代の1968年、いかりやに直々に懇願しドリフの付き人となる。
しかし、1年余りであっけなく脱走。
志村の著書では、あくまで「社会勉強のための休養」となっている。
その後、加藤の口添えで出戻り 加藤の付き人兼加藤家居候を経て、お笑いコンビ「マックボンボン」を結成し、日本テレビ『ぎんぎら!ボンボン!』も担当したが、人気が出ず2年余りで解散。
しかし、脱退する荒井の後釜として1973年12月にドリフ見習いとなり、1974年3月9日に正式メンバーになる。
交代後2年近くはギャグが受けずスランプ状態に陥っていたが(かといって全然受けなかったわけではない)、東村山音頭で一気にブレイクして子供たちの人気を獲得し、さらに新たなネタやギャグを連発。
やがてドリフ内では加藤を超える人気者になった。
元付き人。
1972年に志村が結成したマックボンボンの最初の相方。
志村と共に冠番組の『ぎんぎら!ボンボン!』に出演していた。
また1969年、ドリフの映画『ドリフターズですよ!全員突撃』にガードマン役として出演 やや強引な売り込みが祟ってのネタ切れによる人気低迷で『ぎんぎら!ボンボン!』のリニューアル番組『シャボン玉ボンボン』が打ち切りになった後、失踪。
元付き人。
志村が結成したマックボンボンの井山失踪後の相方。
自衛隊出身であり、「自分は芸能界でなくてもやっていける」と強気でコンビ結成後の練習に身が入らず、マックボンボンは自然消滅的な形で解散の道をたどる。
コメディアン、放送作家。
自身が司会を務めた『小柳ルミ子ショー』にマックボンボンがコントで出演していた。
いかりややドリフのマネージャーから、マックボンボンやドリフのメンバー候補に挙げられた事がある(自身のブログの記事 「伝説のコンビ『マックボンボン』」 より )。
2017/10/15(日)
   
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る