このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

麒麟_(お笑いコンビ)


松山ケンイチ


鈴木保奈美


日村勇紀


西田敏行


高田純次


横山やすし


宇津井健


>>もっと見る

ザ・ドリフターズ 東村山音頭

ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ(The Drifters)は、日本の音楽バンドおよびコントグループである。1969年頃までバンドを主活動とし、それ以降は主としてコントグループとして活動した。通称はドリフ。1970年代から1980年代中頃を全盛期に、TBS系の『8時だョ!全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活動した。現在は、グループで活動することはほとんどない。

www.geocities.co.jp

laughy.jp

www.fami-geki.com
  1962年メンバー入り。
1964年のドリフ再結成当初では最年少だった。
いかりや没後、現行ドリフでは最も古いメンバー。
ドラムとボケ担当。
志村が東村山音頭でブレイクするまではメンバー内の一番人気であり、いかりやのギャグの落ちの期待を一身にかけられていた。
その期間ドリフを実質的に牽引し、メジャーに押し上げた功労者でもある。
グループ内ではいかりやと衝突することもあったが、メンバーの人間関係の調整役の役割を果たしていた。
いかりやの葬儀の際には弔辞を読んだ。
荒井が脱退宣言をするまでが人気絶頂期であり、当時国民的人気者だったが、本人は限界を感じ始めていた。
この時荒井と同時期の脱退を考えていた。
高校時代の1968年、いかりやに直々に懇願しドリフの付き人となる。
しかし、1年余りであっけなく脱走。
志村の著書では、あくまで「社会勉強のための休養」となっている。
その後、加藤の口添えで出戻り 加藤の付き人兼加藤家居候を経て、お笑いコンビ「マックボンボン」を結成し、日本テレビ『ぎんぎら!ボンボン!』も担当したが、人気が出ず2年余りで解散。
しかし、脱退する荒井の後釜として1973年12月にドリフ見習いとなり、1974年3月9日に正式メンバーになる。
交代後2年近くはギャグが受けずスランプ状態に陥っていたが(かといって全然受けなかったわけではない)、東村山音頭で一気にブレイクして子供たちの人気を獲得し、さらに新たなネタやギャグを連発。
やがてドリフ内では加藤を超える人気者になった。
映像では荒井の脱退後に初期はキーボード、のちにギターを弾いていたとはいえ元々コメディアン志望であり、ミュージシャンと呼んでいいかどうかは疑問が残るが、ソウル・ミュージックにかなり精通している。
1974年3月、荒井が脱退し、志村が正メンバーとなる。
しかし、新人志村が軌道に乗らず人気に陰りが見え、萩本欽一の番組(フジテレビ『欽ちゃんのドンとやってみよう!』)に再び押され気味となる。
1976年、志村は東村山音頭をヒットさせ、加藤・志村のヒゲダンスも人気を集め、再びドリフはお笑い界の頂点に返り咲く。
また、翌1977年には『ドリフ大爆笑』、すわを含めた6人構成の『飛べ!孫悟空』が開始される。
この絶頂期は1980年代初頭まで続く。
1983年頃には、いかりやとスタッフ、およびいかりやと加藤&志村組の不協和音が見られるようになり、全員集合は視聴率で『オレたちひょうきん族』に抜かれ、ドリフ人気に再び陰りが見え始める。
そして1985年には16年間続いた全員集合が終了、さらに同年に全員集合の終了と相前後する形ですわが付き人を辞めた。
2017/10/15(日)
   
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る