このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

麒麟_(お笑いコンビ)


松山ケンイチ


鈴木保奈美


日村勇紀


西田敏行


高田純次


横山やすし


宇津井健


>>もっと見る

ザ・ドリフターズ ミッキー・カーチス

ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ(The Drifters)は、日本の音楽バンドおよびコントグループである。1969年頃までバンドを主活動とし、それ以降は主としてコントグループとして活動した。通称はドリフ。1970年代から1980年代中頃を全盛期に、TBS系の『8時だョ!全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活動した。現在は、グループで活動することはほとんどない。

www.geocities.co.jp

laughy.jp

www.fami-geki.com
  ボーカル担当。
ドリフ脱退後に人気が爆発し、一世を風靡したロカビリー歌手。
平尾昌晃、ミッキー・カーチスと並んで「ロカビリー三人衆」と呼ばれる。
実父は落語家で喜劇俳優の柳家金語楼。
本人はコメディの分野には進んでいないが、『ドリフ大爆笑』に1977年ブームでロカビリーブームのコントに出演している。
1962年、桜井がコミカル路線を強化するため「ジミー時田とマウンテンプレイボーイズ」のベーシストをやっていたが、演奏の合間のお笑いに熱を入れすぎたり、事故を起こして孤立していたいかりや長一(当時は芸名でなく本名)をヘッドハンティングした。
いかりやは、アメリカの一流ミュージシャンが演奏だけではなくジョークも上手い事に感銘を受け、司会やコミカルな演奏を行うようになり、客層が、音楽目当てとギャグ目当てに二分される原因となり、時田は内心不満に思っていたという その少し前には「クレイジー・ウエスト」(ミッキー・カーチスのバック・バンド)のメンバーだった加藤英文(同じく当時は芸名でなく本名)が、コミックに興味が無く脱退したドラマーの後釜として田中の誘いで参加し、メンバーとしての活動を始めていた。
加藤の証言ではドリフ加入時には加藤を含めて総勢15人のメンバーがいたとのこと この15人に高松が含まれていたかは不明だが仮に含めたとしても加藤を除いて13人となるため、名前が全く知られていないメンバーが在籍していたことになる。
また、いかりやは、自分が移籍した直後に、マウンテンプレーボーイズ時代から旧知の間柄でコミック向きだったジャイアント吉田を誘ってドリフに加入させる。
そして、いかりやがリーダー代行という形で「いかりや長一とザ・ドリフターズ」に改称し、ドリフを本格的なコミック・バンドとして9人で再々編して出発することになる。
しかし完全にコミックバンドへ方向転換し始めた矢先、コミカル路線を嫌うメンバー(田中、三好)が脱退。
その後、暫くして青木も移籍という形で脱退したため、メンバーに飯塚を加えることとなる。
これが、現在万人に知られているドリフの母体、原形である。
2017/10/15(日)
   
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る