このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

新川優愛


島崎遥香


山崎賢人


戸田恵子


加藤一二三


SKE48


岡田圭右


戸田恵梨香


>>もっと見る

ザ・ドリフターズ 桜井輝夫

ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ(The Drifters)は、日本の音楽バンドおよびコントグループである。1969年頃までバンドを主活動とし、それ以降は主としてコントグループとして活動した。通称はドリフ。1970年代から1980年代中頃を全盛期に、TBS系の『8時だョ!全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活動した。現在は、グループで活動することはほとんどない。

画像ページ

画像ページ

画像ページ
  いかりや長介がリーダーに就任した当時は前リーダーの桜井輝夫が個人オーナーとしてメンバーの面倒をみる形をとっていたが、小野ヤスシら4人がドンキーカルテットを結成して脱退、かわって荒井注・高木ブー・仲本工事が加入し新生ドリフに切り替わりその活動が安定すると桜井はドリフの将来を見越してすべての権利を渡辺プロダクションに譲り渡した。
1979年より渡辺プロダクションより分社した「イザワオフィス」にいしだあゆみらとともに移籍した。
元々ドリフは純粋なバンドであり、お笑いとは程遠い存在だったが、桜井輝夫がリーダーになってからは、コミックの要素を音楽に取り入れるようになった。
当時のドリフターズは出演の最初はメンバーが各ポジションでワンフレーズ演奏をして、いかりやの「全員集合」の一声で全員が舞台前面に出てきてコントを始めていた。
これが後の彼らのキャッチフレーズとして使われる「全員集合」の由来である。
コントの中身もそれぞれの楽器を使った音楽がらみの物が多かった。
そして新生ドリフになった後からは、グループの活動はお笑いが中心となっていった。
初代リーダー。
ギター担当。
元・東京ウエスタンボーイスの出身。
マウンテンボーイズとの合併により、サンズ・オブ・ドリフターズのリーダーとなる。
その後、1959年桜井輝夫にリーダーの座を譲り、渡辺プロマネージャーを経て、現在は芸能事務所「第一プロダクション」社長。
音楽出版社協会(MPA)副会長、音事協の名誉理事を兼任。
1960年に桜井輝夫とザ・ドリフターズにメンバー入り。
ビブラフォン担当。
いかりやがドリフに加入して暫くの後に脱退。
いかりやの著書では、青木はコミックに前向きだったと述べている。
脱退原因は不明だが、既に故人であることが判明している。
脱退後、1970年代には真木ひでとのマネージャーを務めていたが白血病により40代の若さで他界した。
桜井輝夫とザ・ドリフターズ時代のメンバー。
テナー・サックス担当。
加藤をドリフターズに加入するよう誘い、メンバーに加入させている。
桜井がいかりやに形式的にリーダーを譲り完全にコミック色が強くなった頃に脱退。
桜井輝夫とザ・ドリフターズ時代のメンバー。
ピアノ担当。
桜井がいかりやに形式的にリーダーを譲り完全にコミック色が強くなった頃に脱退。
1960年5月、第一プロダクション(ドリフターズの初代リーダーとされる岸部清が現在社長を務める芸能事務所)主催の新人ロック歌手コンテストに入賞して芸能界入り。
桜井輝夫とザ・ドリフターズにボーカルがいなかったことから抜擢され1960年〜1963年頃、木の実ナナと共にドリフターズの専属シンガーだった。
高校生でウェスタンカーニバルの出場資格を得たほどの実力者だった(諸般の事情で実際には出場していない)。
1960年、井上の独立と共に、桜井とバンドボーイ的な立場だった小野以外のメンバーが脱退し、歌謡曲路線と決別して「桜井輝夫とザ・ドリフターズ」となる。
また、ポン青木が加入し、次第に音楽主体のコミカル路線を歩むこととなる。
しかしながら、まだコミックバンドとしては未熟だったため、苦肉の策として専属シンガー高松秀晴を加えてバンドとしての体を整えていた。
※1965年以前は各文献で記述と年代の矛盾があり、正確な年次は不明な部分がある。
ドリフは、渡辺プロとイザワオフィスの公式発表では1964年の新生ドリフ結成、小野や加藤の出演するバラエティー番組では1960年の桜井輝夫とザ・ドリフターズ結成、坂本が紹介される番組では1956年のサンズ・オブ・ドリフターズ結成を起源として紹介されている。
2017/6/22(木)
   
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る