このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

渥美清


椎名林檎


ダンディ坂野


国分太一


加山雄三


布袋寅泰


伊東四朗


渡辺美里


>>もっと見る

ザ・ドリフターズ クレイジー・ウエスト

ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ(The Drifters)は、日本の音楽バンドおよびコントグループである。1969年頃までバンドを主活動とし、それ以降は主としてコントグループとして活動した。通称はドリフ。1970年代から1980年代中頃を全盛期に、TBS系の『8時だョ!全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活動した。現在は、グループで活動することはほとんどない。

amass.jp

live.nicovideo.jp

sp.mainichi.jp
  1962年、桜井がコミカル路線を強化するため「ジミー時田とマウンテンプレイボーイズ」のベーシストをやっていたが、演奏の合間のお笑いに熱を入れすぎたり、事故を起こして孤立していた碇矢長一(当時は芸名でなく本名)をヘッドハンティングした。
碇矢は、アメリカの一流ミュージシャンが演奏だけではなくジョークも上手い事に感銘を受け、司会やコミカルな演奏を行うようになり、客層が、音楽目当てとギャグ目当てに二分される原因となり、時田は内心不満に思っていたという その少し前には「クレイジー・ウエスト」(ミッキー・カーチスのバック・バンド)のメンバーだった加藤英文(同じく当時は芸名でなく本名)が、コミックに興味が無く脱退したドラマーの後釜として田中の誘いで参加し、メンバーとしての活動を始めていた。
また、碇矢は、自分が移籍した直後に、マウンテンプレーボーイズ時代から旧知の間柄でコミック向きだったジャイアント吉田を誘ってドリフに加入させる。
そして、碇矢がリーダー代行という形で「いかりや長一とザ・ドリフターズ」に改称し、ドリフを本格的なコミック・バンドとして9人で再々編して出発することになる。
しかし完全にコミックバンドへ方向転換し始めた矢先、コミカル路線を嫌うメンバー(田中、三好)が脱退。
その後、暫くして青木も移籍という形で脱退したため、メンバーに飯塚を加えることとなる。
これが、現在万人に知られているドリフの母体、原形である。
1964年9月、主力メンバー大量脱退でピンチになったドリフは、この時点で急遽「シャドウズ」やジェリー藤尾のバンド「パップ・コーンズ」などに在籍していた高木友之助を引き入れ、さらに「クレイジー・ウエスト」のピアニストだった荒井安雄が同時期に加入。
この時はまだ桜井が新加入メンバーの人選に関わっており、ドリフはこの時点でオーナー桜井を含めて8名での再出発となった。
1964年冬、小山はバンドが完全にお笑いに移行することに興味が無いことと体調不良もあり、脱退する意向を示した。
後釜として碇矢が高木に早急なメンバー補充を求め、1965年初頭、「クレイジー・ウエスト」でのボーカル経験があり、「パップ・コーンズ」にも在籍したことがあり高木とは顔なじみの仲本こうじが参加。
ここで初めて誰もが知る5人のメンバーが揃った。
またこの後しばらくは綱木が正メンバーとして在籍し、6人構成だったことはあまり知られていない。
1965年春、綱木は正メンバーとして残りたがったが、お笑いに向いていないとして、脱退となる。
その後、桜井の意向によりドリフは渡辺プロに預けられることとなり、桜井は完全に身を引いた。
2017/11/10(金)
   
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る