このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

新川優愛


島崎遥香


山崎賢人


戸田恵子


加藤一二三


SKE48


岡田圭右


戸田恵梨香


>>もっと見る

ザ・ドリフターズ PTA

ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ(The Drifters)は、日本の音楽バンドおよびコントグループである。1969年頃までバンドを主活動とし、それ以降は主としてコントグループとして活動した。通称はドリフ。1970年代から1980年代中頃を全盛期に、TBS系の『8時だョ!全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活動した。現在は、グループで活動することはほとんどない。

画像ページ

画像ページ

画像ページ
  撮影用ではあるがケーキや鶏卵、牛乳などといった食べ物を粗末にするネタ、下品なコントが多く、また「金たらい落しや一斗缶で殴るなど、子供が真似ると危ない」などという名目の内容も含めてPTAの目の仇にされたが、メンバー以外の他人の誹謗中傷をネタにすることはなく、かつ素人いじりをしなかった。
また、体を張ったギャグや音楽ネタも多い。
いかりやの著書によれば、いかりやが米兵相手にコミックバンドをしていた体験からこのような芸風を後々まで引き継ぐことになったという。
日本だけでなく、台湾などでも彼らは人気がある。
1969年、居作昌果の誘いにより『8時だョ!全員集合』のメインキャストを務め、コント55号を人気の面で圧倒し、ドリフは一躍お茶の間の人気者となったと同時に、全員集合は低俗番組のレッテルを貼られ、ドリフは人気と引き換えにPTAと地婦連から目の仇にされる。
この番組を見ていたお笑い好きのバンド青年、諏訪園親治が1970年に加藤の運転手として加入、2年後に見習いとして全員集合に出演。
1973年秋、荒井が体力の限界を理由に脱退宣言(綱木に次いで2人目の新生ドリフメンバーの脱退)。
志村が荒井の後釜として見習いとなる。
荒井の後釜選びのとき、加藤がいかりやに志村を推薦し、悩んでいたいかりやも付き人の中で最も才能のある志村を選んだ。
ファンは「荒井の後釜はすわである」と思っていた人が多く、当時無名の志村が後釜ということで違和感を覚えた人が多かった。
当時のすわは付き人の中で最も世間に顔が売れており、かつ全員集合ではブルース・リーのものまねにより人気が出ていた。
2017/6/22(木)
   
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る