このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

小林旭


田中聖


津田大介


若槻千夏


THE_YELLOW_MONKEY


MAN_WITH_A_MISSION


泉谷しげる


羽生結弦


>>もっと見る

ザ・ドリフターズ 富士フイルム

ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ

画像ページ

画像ページ

画像ページ
  1990年代半ば、志村のゴールデンタイムのレギュラー番組が終了すると、『大爆笑』にて久々に5人全員のコントが復活するようになる。
2000年代に入ると「ザ・ドリフターズ」として集合することは、さらに少なくなったが、それぞれバラエティーやトーク番組、ドラマや舞台、CMなどに出ていた。
1999年末に富士フイルムのテレビCMで荒井を含めて、久々の6人による「全員集合」となり健在ぶりを見せたが、荒井は翌2000年2月8日に肝不全のため死去 2001年8月に『第33回思い出のメロディー』出演、大晦日には『第52回NHK紅白歌合戦』に正式な歌手として最初で最後の出場を果たす そして2003年12月8日、『ドリフ大爆笑』の最新オープニングの収録に臨み、2年ぶりに5人揃っての「全員集合」となったが、翌2004年3月20日にリーダーのいかりやがリンパ節がんのため死去 2005年、『中居正広のテレビ50年名番組だョ!全員集合笑った泣いた感動したあのシーンをもう一度夢の総決算スペシャル』でワンコーナーの短い時間ながら、中居と4人のメンバーでコントをした。
この後は長らく現存メンバー4人が共演してコントを披露する機会はなかったが、2017年に志村の冠スペシャル番組である『志村けんのだいじょうぶだぁスペシャル』において12年ぶりのコントがおこなわれ、3月15日に放映された。
これが現時点で公開された最後のドリフのコントである。
2017年現在も解散宣言は出されず、最後の1人が死去することによって終焉を迎える自然消滅という形を採る。
なお、いかりやの死去以降はリーダー制がなくなり、誰がリーダーだという取り決めは特に無いが、桜井リーダー時から在籍する最古参であること、現ドリフメンバーの中ではいかりやと最も古い付き合いであること、インタビュー時には代表としてコメントする機会が多いことなどから、加藤が実質的なリーダーである。
現在は、高木が80代半ば、仲本と加藤が70代と高齢になってきているので、徐々に目立った活動は減ってきているが、60代後半である志村は相変わらずTVを中心に舞台公演なども精力的にこなして活躍している。
2017/7/19(水)
   
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る