このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

石田ゆり子


矢口真里


若林正恭


宮内洋


いきものがかり


ヒロシ


羽生結弦


ブルゾンちえみ


>>もっと見る

ザ・ドリフターズ マウンテンボーイズ

ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ(The Drifters)は、日本の音楽バンドおよびコントグループである。1969年頃までバンドを主活動とし、それ以降は主としてコントグループとして活動した。通称はドリフ。1970年代から1980年代中頃を全盛期に、TBS系の『8時だョ!全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活動した。現在は、グループで活動することはほとんどない。

画像ページ

画像ページ

画像ページ
  1956年にマウンテンボーイズ(1952年 - 1955年)と東京ウエスタンボーイズが合併して結成(参考 )。
クレージーキャッツの後輩。
結成当初から4年ほどは音楽バンドとして活動していた。
楽曲主体による音楽ネタなどを得意としており、テレビや映画出演が多くなるにつれ、コミックソング、コントやギャグが主体となっていった。
初代リーダー。
ギター担当。
元・東京ウエスタンボーイスの出身。
マウンテンボーイズとの合併により、サンズ・オブ・ドリフターズのリーダーとなる。
その後、1959年桜井輝夫にリーダーの座を譲り、渡辺プロマネージャーを経て、現在は芸能事務所「第一プロダクション」社長。
音楽出版社協会(MPA)副会長、音事協の名誉理事を兼任。
結成当時のメンバーで、元・マウンテンボーイズの出身。
バンジョー担当。
現在も芸能活動をしているが、メディアへの露出は殆ど無く、稀にラジオ番組などにゲスト出演する程度。
現在も現役で音楽活動をしており、「大野義夫&カントリーメイツ」を率いてライブ・コンサート・ディナーショーなどを行っている。
結成当時の元メンバーで現在もシンガーもしくは器楽奏者として音楽関係に携わっていることが判明している唯一の人物である(岸辺も音楽関係に携わってはいるが、岸辺は組織人として携わっているに過ぎず、音楽活動自体はしていないため)。
なぎら健壱や寺本圭一との親交が深く、元メンバーではジャイアント吉田、現ドリフメンバーの中では高木ブーと親交がある。
1956年春頃からプレスリー人気が日本にも波及するようになり、カントリーウェスタンバンドの中で、当時最新の音楽だったロカビリーに行くか純粋にカントリーのままで留まるか、路線を巡り合従連衡が起こった。
ロカビリーはドラムが必要だが、カントリーには邪道だと思われていた。
そんな背景の中で、同年秋頃に「マウンテンボーイズ」と「東京ウエスタンボーイズ」が合併し「ザ・サンズ・オブ・ドリフターズ」として結成(参考 )。
名の由来はアメリカのThe Driftersの息子(Sons)という意味からつけたという説とThe Drifting Cowboysから連想してつけたという説がある。
岸部清がリーダー。
1957年2月に山下敬二郎が加入、駐留米兵相手のウエスタン兼ロカビリーバンドとして活躍し、山下のボーカルが人気を集める。
この時の写真(下記メンバー3)→(1957年頃)。
大野と親交のある高木は、いかりやが3代か4代目のリーダーと語っている。
大野が初代とすればいかりやは4代目となる。
2017/4/25(火)
   
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る