このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

松坂慶子


飯島直子


外岡えりか


さくら_(タレント)


渡辺哲


小山慶一郎


夏八木勲


藤本隆宏_(俳優)


>>もっと見る

ザ・ドリフターズ オルガン

ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ(The Drifters)は、日本の音楽バンドおよびコントグループである。1969年頃までバンドを主活動とし、それ以降は主としてコントグループとして活動した。通称はドリフ。1970年代から1980年代中頃を全盛期に、TBS系の『8時だョ!全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活動した。現在は、グループで活動することはほとんどない。

amass.jp

live.nicovideo.jp

sp.mainichi.jp
  元・正メンバー。
二松學舍大学文学部卒業。
1964年9月に高木と同時にドリフ入り。
ドリフ入りした当初は「リーダー(いかりや)より年上では何かと問題がある」ということで、加入後しばらくは高木とほぼ同年代(1934年生まれ)と年齢を詐称していた。
なお、当初はドリフのメンバーですら彼の正確な年齢を知らなかった。
オルガン(ピアノ)担当。
しかし、クレージーウエスト時代にピアノの欠員が出て、それまで担当していたスチールギターから急遽転向した経緯があったため、ロカビリーのスリーコードしか弾けず、演奏できるレパートリーは数少なかった。
いかりやの著書によれば、いかりやは彼のレパートリーの少ないことを知らないままヘッドハンティングしたことを後悔したという。
コントでは「威張り散らすいかりやをシラっとした目で見、シカトし、いかりやに怒られてふてくされながらギャグを言う」というパターンが人気を博した。
「なんだ、バカヤロー!」と「This is a pen!」のギャグはよく知れ渡っている。
いかりやの著書では新生ドリフのコントにおけるキャラクター付け(役割)が最初に決まったと述べられている。
2017/12/11(月)
   
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る