このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

麒麟_(お笑いコンビ)


松山ケンイチ


鈴木保奈美


日村勇紀


西田敏行


高田純次


横山やすし


宇津井健


>>もっと見る

ザ・ドリフターズ サックス

ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ(The Drifters)は、日本の音楽バンドおよびコントグループである。1969年頃までバンドを主活動とし、それ以降は主としてコントグループとして活動した。通称はドリフ。1970年代から1980年代中頃を全盛期に、TBS系の『8時だョ!全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活動した。現在は、グループで活動することはほとんどない。

www.geocities.co.jp

laughy.jp

www.fami-geki.com
  桜井輝夫とザ・ドリフターズ時代のメンバー。
テナー・サックス担当。
加藤をドリフターズに加入するよう誘い、メンバーに加入させている。
桜井がいかりやに形式的にリーダーを譲り完全にコミック色が強くなった頃に脱退。
サックス担当。
1964年春に桜井と繋がりのあった渡辺プロより「ドリフのメンバーになって助けてやってくれないか?」と言われてメンバー入り。
中野にあるお寺の息子で、売れない頃のドリフターズは稽古場として彼の実家であるお寺を利用していた。
新生ドリフがお笑いを確立する前のれっきとした正メンバーだった(1964年 - 1965年)。
彼は正メンバーとして残りたがったが真面目気質でコメディに向いていなかったため、ドリフが1965年に正式に渡辺プロ傘下へ預けられる直前でいかりやから脱退を命じられる。
経年経過が著しく、彼に関する資料も殆ど残ってないため、生死も含めて現在の動向は不明。
1963年、桜井は徐々にライブに出演しないようになるが、名目上のリーダーとしてバンドの采配を握っており、いかりやは実質的なリーダーとして練習の鬼と化した。
また、この時期に碇屋長兵衛という芸名で出ている。
1964年、いかりやのワンマンぶりに耐えかねた小野は、吉田、飯塚、猪熊を誘って脱退、「ドンキーカルテット」を結成する。
当初は加藤も加入したい意向であったが、グループ名を「カルテッド(4人組)」と決めていたことで、4人以上への変更が難しいのと、当時辛うじて顔が売れていた加藤を残留させればドリフは残せるとの考えから、加藤はドリフに残るよう説得された。
この件について加藤は「ちょーさんに‌‌あの顔で『お前はどうするんだ!!』言われたらやっぱり残ります・・・って言いますよねぇ」と語ったがいかりやはこれをウケ狙いのフィクションだと否定し、実際は桜井が言ったとしている。
また小野らが正式に脱退を決めていないうちから仕事をブッキングしていたのに違和感を覚えた事も、残留を決めた理由の一つだったという 小野らの脱退のきっかけは、いかりやがコントの練習中に、身が入らないメンバーに対して怒り出し「お前らなんか辞めちまえ!」と恫喝した事である。
既にグループ名を決め、脱退後の仕事もブッキングしていたことで「仰せの通り辞めさせて頂きます」と言って、あっさり辞める意思を示してしまい、焦ったいかりやは、この4人が京都へ移動する際の列車の車内にまで追い掛けてまで「俺が辞めるからドリフに残ってくれ」と何度も説得した。
しかし小野らは、いかりやがリーダー代行となった当初から、音楽よりもコントを重視する姿勢に嫌気が差していて、ドリフが売れ始め、ようやくまともな収入を得られるようになったことから仕方なく残っていただけであり、結局脱退する運びとなった。
騒動の責任を取り桜井が辞めて、正式にいかりやが三代目のリーダーになったが、引き続き桜井はオーナー的立場で面倒を見た。
この結果、残されたメンバーはリーダーのいかりや、ドラムの加藤、ギターの小山、渡辺プロとの繋がりからメンバー入りしたサックスの綱木だったが、小山は病気で入院中で、綱木は臨時雇いであり、実質のメンバーは、いかりやと加藤だけだった。
その後、石川サダオ(担当音楽不明)が極々短期間メンバーとして加入している。
2017/10/15(日)
   
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る