このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

山田親太朗


ポルノグラフィティ


名倉潤


つんく♂


渡瀬恒彦


椎名林檎


SMAP


所ジョージ


>>もっと見る

パンクブーブー ヨシモト∞

パンクブーブー
パンクブーブー
パンクブーブー(PUNK BOOBOO)はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の日本のお笑いコンビ。通称、「パンブー」。2009年M-1グランプリ、THE MANZAI 2011優勝者。

画像ページ

画像ページ

画像ページ
  上京当時、福岡吉本は「アマチュア集団」「吉本のバッタモノ」など散々な目で見られており、上京したばかりの2人はかなり肩身の狭い思いをしたという しかし、彼らが芸人間のなかで高い評価を得ていくうちに、東京の芸人やスタッフたちにも福岡吉本に対する偏見が無くなったといい、博多華丸・大吉は2人を「自慢の後輩」と語る。
ヨシモト∞』ではAGE AGE LIVEのMCを務めていた。
同LIVEのMCは他に2丁拳銃や博多華丸・大吉、ルート33らベテラン芸人が並び、パンクブーブーは最も若手の部類に入る。
また、この経歴故に、東京吉本の若手芸人(通称・AGE AGEメンバー)の多くとも親しく、彼らから慕われている。
2人ともR-1ぐらんぷりにも参加するなど、ピンでの活動も積極的に行っている。
トータルテンボスは、パンクブーブーの実力を早くから認めており、2007年のM-1グランプリ終了後、大村朋宏は『ヨシモト∞』に出演した際のトークで「サンドウィッチマンかパンクブーブーが敗者復活戦の勢いをもってきたら危ないと思っていた」とコメントしている。
藤田憲右は2008年12月8日付けの自身のブログにて2008年のM-1グランプリでパンクブーブーが準決勝敗退となったことを惜しむと共に、彼らが躍進に値する芸人だと認めて励ましの言葉を贈っている。
さらにその際に、「今年(2008年)の敗者復活でも来年(2009年)でもいい、もし彼らが決勝の舞台に立てば、初出場で優勝という結果が待っているだろうと思います」という予言めいたコメントを記している。
トータルテンボス2人とも、2009年のM-1グランプリにて決勝進出を果たした際、自身のブログで賛辞を送っている。
2017/3/27(月)
   
パンクブーブーのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
パンクブーブーのつながりをもっと見る