このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

稲村亜美


SCANDAL_(日本のバンド)


関ジャニ∞


レイザーラモンHG


安倍晋三


今井美樹


塚地武雅


ORANGE_RANGE


>>もっと見る

パンクブーブー タカアンドトシ

パンクブーブー
パンクブーブー
パンクブーブー(PUNK BOOBOO)はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の日本のお笑いコンビ。通称、「パンブー」。2009年M-1グランプリ、THE MANZAI 2011優勝者。

search.yoshimoto.co.jp

www.drillspin.com

www.officiallyjd.com
  黒瀬は相方の悪口を肴に酒を呑むことが多いらしく、華丸やタカアンドトシなどからその事実を暴露されている。
また、プライベートで行動を共にすることはないとも雑誌のインタビューで語っている。
その反面、「パンクブーブーとして、今後も漫才はずっと続けていきたい(=これからも2人で活動したい)」と述べていたり、ドッキリで黒瀬が佐藤にビンタをするという企画で、ビンタをした黒瀬が怯えたような表情を浮かべ、佐藤はボーっと黒瀬を見つめるだけだったことから、コンビ仲は悪いというわけではないようである。
また、出産祝いを贈った黒瀬に感謝する想いを佐藤はブログに綴ってもいる。
同時期に上京してきたタカアンドトシ、トータルテンボスと交流が深い。
また、東京ダイナマイトとは彼らが吉本に入る前からの付き合いで、佐藤は彼らの吉本入りを喜ぶ心境をブログに綴っている。
M-1グランプリ2009を機に、共に最終決戦で戦った笑い飯・NON STYLEとも親しくなった(後に3組ともM-1覇者に輝いた)。
特に仲の良い舞台仲間にはあべこうじ、ガリットチュウやニブンノゴ!、ギンナナ、Bコース、佐久間一行などの東京NSC2期生(アメトーークでいう泥の97年デビュー組)、グランジ、ポテト少年団、ザ・パンチなどがいる。
「周りに支えられ芸人」と自称するほど、多くの理解者や仲間に恵まれている。
特に舞台叩き上げの芸人たちや長年くすぶってきた芸人たちからは絶大な信望があり、ガリットチュウは彼らに「売れない芸人の星」と評している。
また、ポテト少年団はパンクブーブーのM-1優勝を「ドブのなかからダイヤモンド」と比喩している。
M-1優勝後に佐藤は、「『ドブでもやればできるんだって、勇気をもらいました』と(自分と)同じようなドブ芸人たちから言われて、それがすごく嬉しかった」とも述べている。
非常に緊張しやすくなかなか実力を発揮できないことでも有名だったらしく、M-1本選では今田耕司がパンクブーブーについて「緊張しい」「噛まないか心配だった」とコメントしており、M-1グランプリ2009完全版DVDでも、博多華丸・大吉とタカアンドトシがそれとほぼ同趣旨の発言をしている(さらにその際、黒瀬も「みんなから言われた」と同調しており、M-1優勝後のよしもとオンラインでは「自分たちはすぐに緊張するので大舞台に弱い」とも認めている)。
黒瀬のみ、タカアンドトシ密着取材のナレーションを担当。
2017/8/20(日)
   
パンクブーブーのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
パンクブーブーのつながりをもっと見る