このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

千葉麗子


横山やすし


澤部佑


中村麻里子


永尾まりや


三吉彩花


竹内美宥


絢香


>>もっと見る

パンクブーブー バッドボーイズ

パンクブーブー
パンクブーブー
パンクブーブー(PUNK BOOBOO)はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の日本のお笑いコンビ。通称、「パンブー」。2009年M-1グランプリ、THE MANZAI 2011優勝者。

search.yoshimoto.co.jp

www.drillspin.com

www.officiallyjd.com
  福岡吉本時代の同期にはバッドボーイズがいる。
なお、吉本入り自体は同じだがコンビ結成はバッドボーイズが先である。
福岡吉本所属2年目には、他の8期生はバッドボーイズ以外全て事務所を辞めていた。
* バッドボーイズの佐田正樹と黒瀬の弟が小学校の同級であり、弟を喧嘩で負かした小学六年生当時の佐田を、3級上(当時中学三年生)の黒瀬が土下座させたことがある。
品川祐(品川庄司)と親交があり、品川のブログに頻繁に登場する。
河本準一(次長課長)(河本曰く、「自分が売れたのを一番横で見ていた後輩」)、COWCOW、宮地謙典(ニブンノゴ!)、あべこうじとも交流が深い他、麒麟、千鳥などの大阪吉本芸人とも仲が良い。
テレビ出演時など普段はきちんとした標準語を話すが、ブログやツイッター内では方言交じりになることも多い。
九州出身の芸人は博多華丸・大吉やバッドボーイズ、ヒロシ等のように方言そのままでネタを行う者も多いが、パンクブーブーは上京してからずっと標準語の漫才である。
それは前述のように「誰もが楽しめる漫才」をコンセプトにしていることや、当時は上京してくる地方芸人が現在ほど多くなかったために標準語にならざるを得なかったこと、また佐藤は大分出身の大分弁、黒瀬は福岡出身の博多弁であり、両者の使う方言そのものが違うことも影響している。
しかし、上京した当初は、標準語の漫才のやり方が分からずに苦労したと佐藤は述べている(さんまのまんまでの発言) また、黒瀬いわく、「上京したばかりの頃は、無理に江戸言葉を使ったりして漫才をしていたが、全くうけなかった」という。
上京当時、福岡吉本は「アマチュア集団」「吉本のバッタモノ」など散々な目で見られており、上京したばかりの2人はかなり肩身の狭い思いをしたという しかし、彼らが芸人間のなかで高い評価を得ていくうちに、東京の芸人やスタッフたちにも福岡吉本に対する偏見が無くなったといい、博多華丸・大吉は2人を「自慢の後輩」と語る。
決勝当日は多くの芸人が会場のテレビ朝日に向かうメンバーを見送りに行ったといい、吉田大吾(POISON GIRL BAND)の話では、パンクブーブーの優勝が決まったとき、敗者復活会場にいた東京吉本の芸人は全員大喜びしていたという。
佐田正樹(バッドボーイズ)のブログでは、彼らの優勝に、ルミネの楽屋が大歓声に包まれた様子が描かれている。
阿部浩貴(アップダウン)のブログでは、「ルミネで皆が(パンクブーブーの優勝を)喜び、祝福していました。
本当に、皆から愛されているコンビだと思いました」というコメントが綴られている。
ライブ等でリアルタイムでM-1を見られない芸人仲間のために、舞台袖から嬉々として2人の優勝を報告した芸人もいたという。
2009年4月15日は、博多華丸・大吉、バッドボーイズ、松下笑一とのユニット「To:Japan」のメンバーとして出演。
* 2010年1月27日に初の単独出演。
この番組によると、この日放送されたものは約1年前に収録されたものだったという。
東野幸治はこの事実を聞かされた途端スタッフに「どうせ(M-1の)優勝が決まった途端に『(収録した)テープを探せ』って言ったんだろう 節操ないわ 最低」と悪態をついていた。
2016/5/15(日)
   
パンクブーブーのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
パンクブーブーのつながりをもっと見る