このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

西郷輝彦


麒麟_(お笑いコンビ)


松山ケンイチ


鈴木保奈美


日村勇紀


西田敏行


高田純次


横山やすし


>>もっと見る

パンクブーブー ニブンノゴ!

パンクブーブー
パンクブーブー
パンクブーブー(PUNK BOOBOO)はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の日本のお笑いコンビ。通称、「パンブー」。2009年M-1グランプリ、THE MANZAI 2011優勝者。

search.yoshimoto.co.jp

www.drillspin.com

www.officiallyjd.com
  バッドボーイズの佐田正樹と黒瀬の弟が小学校の同級であり、弟を喧嘩で負かした小学六年生当時の佐田を、3級上(当時中学三年生)の黒瀬が土下座させたことがある。
品川祐(品川庄司)と親交があり、品川のブログに頻繁に登場する。
河本準一(次長課長)(河本曰く、「自分が売れたのを一番横で見ていた後輩」)、COWCOW、宮地謙典(ニブンノゴ!)、あべこうじとも交流が深い他、麒麟、千鳥などの大阪吉本芸人とも仲が良い。
吉本でも屈指の規模を誇る「多田軍団」の発起人 上京してまだ間もないころ、同じく東京に来たばかりだった多田健二(COWCOW)と仲良くなり、バイト先が一緒だった重岡謙作(ラフ・コントロール)をはじめとする多くの後輩を紹介したことがきっかけだった(黒瀬曰く、「多田さんの貯金は僕と重岡で使い果たされたといっていいくらい、ご馳走になった」)。
現在でも当軍団のナンバー2の位置にいる。
同時期に上京してきたタカアンドトシ、トータルテンボスと交流が深い。
また、東京ダイナマイトとは彼らが吉本に入る前からの付き合いで、佐藤は彼らの吉本入りを喜ぶ心境をブログに綴っている。
M-1グランプリ2009を機に、共に最終決戦で戦った笑い飯・NON STYLEとも親しくなった(後に3組ともM-1覇者に輝いた)。
特に仲の良い舞台仲間にはあべこうじ、ガリットチュウやニブンノゴ!、ギンナナ、Bコース、佐久間一行などの東京NSC2期生(アメトーークでいう泥の97年デビュー組)、グランジ、ポテト少年団、ザ・パンチなどがいる。
「周りに支えられ芸人」と自称するほど、多くの理解者や仲間に恵まれている。
特に舞台叩き上げの芸人たちや長年くすぶってきた芸人たちからは絶大な信望があり、ガリットチュウは彼らに「売れない芸人の星」と評している。
また、ポテト少年団はパンクブーブーのM-1優勝を「ドブのなかからダイヤモンド」と比喩している。
M-1優勝後に佐藤は、「『ドブでもやればできるんだって、勇気をもらいました』と(自分と)同じようなドブ芸人たちから言われて、それがすごく嬉しかった」とも述べている。
2017/10/18(水)
   
パンクブーブーのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
パンクブーブーのつながりをもっと見る