このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

西郷輝彦


麒麟_(お笑いコンビ)


松山ケンイチ


鈴木保奈美


日村勇紀


西田敏行


高田純次


横山やすし


>>もっと見る

パンクブーブー トータルテンボス

パンクブーブー
パンクブーブー
パンクブーブー(PUNK BOOBOO)はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の日本のお笑いコンビ。通称、「パンブー」。2009年M-1グランプリ、THE MANZAI 2011優勝者。

search.yoshimoto.co.jp

www.drillspin.com

www.officiallyjd.com
  2009年のM-1決勝進出が決まったとき、歓喜のあまりその場に泣き崩れて三時間そのまま泣き続け、周囲の芸人たちからは白けられ、カメラマンも途中で帰ってしまったと、本選で語った。
さらにその後、トータルテンボスの2人に決勝進出を電話で報告するも、その際に再び号泣していたことをブログで暴露されている。
しかしM-1優勝が決まった際にはその状況を把握できず(優勝は笑い飯だと思っていたため、驚きのほうが勝っていたという)、「パンクブーブーって誰?」と茫然としてしまったといい、相方から「あんだけ泣いていたのに肝心なところで泣かない」と半ば呆れられていた。
同時期に上京してきたタカアンドトシ、トータルテンボスと交流が深い。
また、東京ダイナマイトとは彼らが吉本に入る前からの付き合いで、佐藤は彼らの吉本入りを喜ぶ心境をブログに綴っている。
M-1グランプリ2009を機に、共に最終決戦で戦った笑い飯・NON STYLEとも親しくなった(後に3組ともM-1覇者に輝いた)。
特に仲の良い舞台仲間にはあべこうじ、ガリットチュウやニブンノゴ!、ギンナナ、Bコース、佐久間一行などの東京NSC2期生(アメトーークでいう泥の97年デビュー組)、グランジ、ポテト少年団、ザ・パンチなどがいる。
「周りに支えられ芸人」と自称するほど、多くの理解者や仲間に恵まれている。
特に舞台叩き上げの芸人たちや長年くすぶってきた芸人たちからは絶大な信望があり、ガリットチュウは彼らに「売れない芸人の星」と評している。
また、ポテト少年団はパンクブーブーのM-1優勝を「ドブのなかからダイヤモンド」と比喩している。
M-1優勝後に佐藤は、「『ドブでもやればできるんだって、勇気をもらいました』と(自分と)同じようなドブ芸人たちから言われて、それがすごく嬉しかった」とも述べている。
オートバックスのCMの放送が他のM-1王者に比べて格段に遅かった。
優勝直後のよしもとオンラインで黒瀬は「CMの話になると、オートバックスの人みんな首捻ってた。
あのコンビ名と顔どうするよ?って」と語っており、『パンクブーブー(パンクした車)』というコンビ名が主な原因らしい 芸人仲間からは、「オートバックスのCMが決まりそうなのにコンビ名が『パンクブーブー』だなんてある意味奇跡」「その間の悪さや運の悪さもパンクらしい」といわれていたという 大村朋宏(トータルテンボス)曰く、「チャンピオンになったからといってすんなり厚遇されないのもパンクらしい」 このコンビ名は、毎年M-1に臨んでいた当人たちの間でも度々問題視されており、一時期は「鬼切(おにぎり)」というコンビ名への改名を考えていた。
番組のシステムが変わったこの年度はは7月の長野県・東御市で収録された第4戦に出場。
517KBという高得点を獲得するもしんのすけとシャンに敗れ、チャンピオン大会出場はならなかった。
しかし視聴者投票で1位に選ばれ、視聴者投票1位バトルに進出。
M-1グランプリのファーストステージと同じ「近隣住民のクレーム」をやったが結局4位敗退 この年に3連覇を果たしたトータルテンボスは番組ホームページのインタビューで、「本当はパンクブーブーと戦って倒したかった」と語っている。
トータルテンボスは、パンクブーブーの実力を早くから認めており、2007年のM-1グランプリ終了後、大村朋宏は『ヨシモト∞』に出演した際のトークで「サンドウィッチマンかパンクブーブーが敗者復活戦の勢いをもってきたら危ないと思っていた」とコメントしている。
藤田憲右は2008年12月8日付けの自身のブログにて2008年のM-1グランプリでパンクブーブーが準決勝敗退となったことを惜しむと共に、彼らが躍進に値する芸人だと認めて励ましの言葉を贈っている。
さらにその際に、「今年(2008年)の敗者復活でも来年(2009年)でもいい、もし彼らが決勝の舞台に立てば、初出場で優勝という結果が待っているだろうと思います」という予言めいたコメントを記している。
トータルテンボス2人とも、2009年のM-1グランプリにて決勝進出を果たした際、自身のブログで賛辞を送っている。
2017/10/18(水)
   
パンクブーブーのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
パンクブーブーのつながりをもっと見る