このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

美空ひばり


パンクブーブー


尾崎豊


氣志團


吉井和哉


石田ゆり子


矢口真里


若林正恭


>>もっと見る

パンクブーブー NON STYLE

パンクブーブー
パンクブーブー
パンクブーブー(PUNK BOOBOO)はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の日本のお笑いコンビ。通称、「パンブー」。2009年M-1グランプリ、THE MANZAI 2011優勝者。

画像ページ

画像ページ

画像ページ
  同時期に上京してきたタカアンドトシ、トータルテンボスと交流が深い。
また、東京ダイナマイトとは彼らが吉本に入る前からの付き合いで、佐藤は彼らの吉本入りを喜ぶ心境をブログに綴っている。
M-1グランプリ2009を機に、共に最終決戦で戦った笑い飯・NON STYLEとも親しくなった(後に3組ともM-1覇者に輝いた)。
特に仲の良い舞台仲間にはあべこうじ、ガリットチュウやニブンノゴ!、ギンナナ、Bコース、佐久間一行などの東京NSC2期生(アメトーークでいう泥の97年デビュー組)、グランジ、ポテト少年団、ザ・パンチなどがいる。
大会実行委員長・審査委員長だった島田紳助は、「本来笑い飯はこの大会で優勝しているべきだった」と前置きした上で、「M-1で優勝するためには、M-1用の戦い方をしなければいけない 格闘技に例えるならボクシングの最終ラウンドの様に、ゴングがなった瞬間からラッシュをかけなければいけない その戦い方が完璧に出来ていたのはパンクブーブーだけ」「『ネタ時間1分』というルールだったとしても笑い飯を除けば(ネタの傾向がスロースターターのため)パンクブーブーの優勝になっていたと思う」という内容の感想を語っている。
大会後のよしもとオンラインの放送で石田明(NON STYLE)は、「パンクブーブーさんのネタを聞いた瞬間、負けたなって思いました。
それくらい、『うわ、凄いなぁ…!』って思いましたね」と語っている。
優勝後も暫くは予め入っていた仕事をこなす日々で、M-1での栄光とは程遠いエピソードも多い。
同じく後期M-1優勝者のサンドウィッチマン・NON STYLE・笑い飯にも共通している。
2016/5/15(日)
   
パンクブーブーのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
パンクブーブーのつながりをもっと見る