このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

小室哲哉


西野カナ


加藤一二三


THE_YELLOW_MONKEY


蛭子能収


MOON_CHILD_(バンド)


三四郎_(お笑いコンビ)


椎名林檎


>>もっと見る

佐野元春 ローリングストーン日本版

さの もとはる
佐野元春
佐野 元春 (さの もとはる、1956年3月13日 ‐ )は、日本の歌手、ロックミュージシャン、シンガーソングライター、ギタリスト、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー、ラジオDJ・詩人。

画像ページ

画像ページ

画像ページ
2015年5月7日、自身のフェイスブックで「境界線」というタイトルで、自らが沖縄県辺野古を訪れて大浦湾で撮影した写真と、普天間基地移設問題を憂う文章を掲載した。
ローリングストーン日本版』2016年10月号の企画で「SEALDsはなぜここまで嫌われたのか」とのテーマに対してエッセイを寄稿し、「SEALDsは嫌われたんじゃない、怖がられたんだ いつの時代でも、自由な存在を怖がる連中がいる」と述べ、SEALDsの活動に対して理解を示している。
「霧の中のダライラマ」の曲名が示すとおり「チベット自由と人権の集い」に賛同者として名を連ねており、中国によるチベット侵略に抗議しチベット民族に対する人権侵害に反対しているという。
↑ 『ココナッツ・バンク』でギターを弾いていた伊藤がアメリカ帰りの佐野と初めて出会ったとき、伊藤は「バディ・ホリーのようなメガネをかけた佐野がマンフレッド・マンについて、情熱的でがむしゃらに語ったために、いすから転げ落ちそうになった」と述べている(『SOMEDAY』より) ↑ J-WAVE「SAPPORO BEER OTOAJITO」2011年1月15日放送分で本人発言 ↑ 月刊カドカワ 1991年5月 総力特集:佐野元春↑ 相倉久人『日本ロック学入門』内ロングインタビュー1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 下村誠『路上のイノセンス』↑ 月刊カドカワ 1991年5月 矢野顕子からの質問に答えて↑ moment 佐藤奈々子インタビュー↑ 文藝別冊『大瀧詠一』↑ CUT1994年2月増刊号、bridge、72ページ↑ ヤングジャパンから派生した事務所の元締めとしてのヤングジャパングループは現存する ↑ 別冊カドカワ 総力特集佐野元春(2011年)↑ 『シンプジャーナル・ベストセレクション'80s』自由国民社、2003年、p81-82↑ 数年後に米米CLUBが「FUNK FUJIYAMA」でパロディ化するものの封印は解かれなかった ↑ Holland Roseの由来は、佐野がDJを務めていたラジオ番組に小学生リスナーが「ホール&オーツ」を「ホーランド・ローズ」と書き間違えたことがきっかけ 1 2 INLIFE 男の履歴書/佐野元春↑ 全55曲完全収録! 桑田佳祐〈第二回ひとり紅白歌合戦〉のBD/DVD登場 2014年02月20日 タワーレコードオンライン↑ 【エンタがビタミン♪】桑田佳祐が選ぶ2015年邦楽シングルBEST20、桐谷健太『海の声』に「泣いた」 2015年12月27日 Techinsight↑ 佐野元春 Web - MWS @MotoWebServer 2015年12月28日3:24 のツイート↑ 佐野元春(Official)《佐野元春、同級の桑田佳祐について語る》↑ 『ロックは語れない』新潮文庫↑ 佐野元春 : オフィシャル・ファンサイト - Moto's Web Server 最新ニュース 過去のトピックス|Vol.1 19971 2 佐野元春、時代の最先端を走り続けてきた35年「僕はノスタルジーのために音楽は作らない」↑ それを「希望」と名づけよう↑ 佐野元春(Official)2015年5月7日↑ ローリングストーン日本版 2016年10月号↑ 「ローリングストーン日本版」2012年3月号↑ オンライン販売のみでの発売 ↑ オリコンではアルバム扱い ↑ 「佐野元春MusicUnited.」名義 ↑ 「佐野元春 & 雪村いづみ」名義 ↑ iTunes Store版アルバム『ZOOEY』からの先行配信につき、カタログコードのIDが『ZOOEY』と同じとなっているため、リンク先は『ZOOEY』である ↑ 当初は、2013年11月27日発売予定だったが、制作の遅れにより発売日が変更された ↑ 1999年2月15日から2月28日まで期間限定でダウンロード販売された 1 2 3 4 作曲のみ担当 Holland Rose名義↑ 作曲のみ担当 ↑ 作詞のみ担当 Holland Rose名義 アルバム『Fight!』に収録1 2 3 4 5 6 作詞・作曲。後にセルフカバー1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 作詞・作曲を担当。↑ 作詞・作曲・プロデュースを担当。MOTO名義↑ 作詞・作曲を担当。後に「シーズンズ」とタイトルを変えてセルフカバー↑ 作詞のみ担当。
   
佐野元春のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
佐野元春のつながりをもっと見る