このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

川栄李奈


SCANDAL_(日本のバンド)


ナイツ_(お笑いコンビ)


関ジャニ∞


和田アキ子


嵐_(グループ)


浅田真央


Kis-My-Ft2


>>もっと見る

内田裕也 ヒット曲

うちだ ゆうや
内田裕也
内田 裕也(うちだ ゆうや、1939年11月17日 - )は、日本のミュージシャン、俳優である。本名、内田 雄也(読み同じ)。夫人は女優の樹木希林。娘は内田也哉子。また、内田也哉子と結婚した本木雅弘は娘婿に当たる。身長174cm。兵庫県西宮市出身。1959年に日劇ウエスタンカーニバルにて本格的なデビューを果たす。以降、グループ・サウンズ・「内田裕也とザ・フラワーズ」のヴォーカリスト、フラワー・トラベリン・バンドのプロデュース活動などを経て、1970年代後半からは俳優としても活躍し、映画出演や監督なども手掛ける。また、映画『コミック雑誌なんかいらない!』や『エロティックな関係』などでは脚本も担当した。口癖は「ロックンロール」(Rock'n Roll)。

www.asagei.com

matome.naver.jp

www.oricon.co.jp
  自身の自虐ネタにもなっている位にヒット曲といえるものもないが、1960年代末から1970年代初めにかけて、日本のロックシーンをリードする存在であった。
現在も安岡力也、ジョー山中、白竜、宇崎竜童などとの活動を通じて、日本のロックの首領(ドン)(関西では「関西のロック界の首領(ドン)」と称される)とされているが、実態はほとんどない。
『YOUNG GUITAR』1972年7月号での大滝詠一との対談で「おれは、フォークとロックの違いというのは、結局Drugをやってるか、やってないかの違いだと思う 日本の場合だと、わりと健康、健康ムードで、LSDのようなものはヘビー過ぎてあれだろうけど、GRASぐらい別に日本でも売っておかしくない世の中になるんだと思う」と発言、大滝に「Drugは、音楽する人には必要ないと思う」と反論された。
これに内田は「アメリカではDrug常用者の80%がロック・ミュージックが好きだということを考えれば、日本でも そういうことが絶対にあると思う」などと、日本での麻薬合法化を期待する発言を行なった。
2018/1/10(水)
   
内田裕也のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
内田裕也のつながりをもっと見る