このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

秋野暢子


徳井義実


ケーシー高峰


嶋大輔


木南晴夏


中尾彬


上島竜兵


櫻井翔


>>もっと見る

北島三郎 やくざの歌

きたじま さぶろう
北島三郎
北島 三郎(きたじま さぶろう、1936年10月4日 ‐ )は、日本の演歌歌手、俳優、作詞家、作曲家。「函館の女」に始まる『女』シリーズ、「兄弟仁義」などの『任侠』シリーズなど、数多くのヒット曲がある。本名は大野穣(おおの・みのる)。一般にはサブちゃんという愛称で呼ばれている。原 譲二(はら じょうじ)のペンネームでも知られ、自身の楽曲の作詞・作曲ばかりでなく、自身の舞台のシナリオ・演出や、北島ファミリーはじめ、他の演歌歌手への楽曲提供など、マルチな活動を精力的に行っている。作曲家・船村徹門下出身で、門下生で作る「船村徹同門会」(会長・鳥羽一郎)では名誉相談役を務める。

matome.naver.jp

www.confetti-web.com

www.amazon.co.jp
  同年6月5日、日本コロムビアから「ブンガチャ節」(作詞・星野哲郎、作曲・船村徹)でデビューしたがこの第一弾は不発に終わった。
北島はレコーディングを済ませていた『なみだ船』を予想していたが、その予想は完全に覆された。
「ブンガチャ節」は渋谷などの繁華街で流しが歌っていた春歌(猥歌)の歌詞を変えて売り出したもので、発売から1週間で放送禁止となった(歌詞の中の"キュッキュキュ〜"との合いの手が「ベッドが軋む音」を連想させ卑猥だからという俗説もある) 北島自身は「テレビに3回出たら、放送禁止になっちゃった。
」と語っている。
しかし1963年の千葉真一主演映画『やくざの歌』に出演した際に、ギターの弾き語りで「ブンガチャ節」を披露している。
8月20日に急遽発売となったセカンド・シングル「なみだ船」がヒット(公称でミリオンセラー)し、出世作となる。
2017/11/8(水)
   
北島三郎のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
北島三郎のつながりをもっと見る