このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

哀川翔


徳島えりか


いかりや長介


イモトアヤコ


唐沢寿明


竹内まりや


THE_HIGH-LOWS


渥美清


>>もっと見る

古尾谷雅人 二人だけの儀式

ふるおや まさと
古尾谷雅人
古尾谷 雅人(ふるおや まさと、1957年5月14日 - 2003年3月25日)は、日本の俳優。本名、古尾谷 康雅(ふるおや やすまさ)。神奈川県川崎市中原区出身。身長188cm。正木ルーム(有限会社ビッグアンドエム内で設けられた芸能事務所)に所属していた。

blog.livedoor.jp

matome.naver.jp

d.hatena.ne.jp
  一般作進出は、1979年のフジテレビドラマ『二人だけの儀式』だが、本格的進出は1980年の映画『ヒポクラテスたち』(監督・大森一樹) 作品・古尾谷はじめ主要キャスト全員の演技力の高さが評判となっただけでなく、本作で共演して以来、斉藤洋介・内藤剛志と生涯の親友となった(斉藤洋介とは前年NHKで放映されたドラマ『男たちの旅路』第4部第3話「車輪の一歩」の障害者役でも共演している) さらに1983年の日本テレビドラマ『若草学園物語』で主役の教師役をつとめ、その主題歌「見上げるだけの人間のようで」でバップから歌手デビューも果たすなど、一躍脚光を浴びた。
松田優作を敬愛、尊敬しており、松田自身からも目を掛けられていた。
映画『丑三つの村』で主人公・犬丸継男を演じた時には、熱を入れて役づくりに励み、殺戮シーンの撮影が終わって帰宅する度に家族に「今日は何人殺してきたぞ〜!」と嬉々として語っていたという また、『北の国から'87初恋』でわずか1シーンだけの出演ながら、ぶっきらぼうながら心優しいトラック運転手役を演じたり、『金田一少年の事件簿』の剣持勇警部役、『六番目の小夜子』では山田孝之演じる秋の父親役として出演したりするなど、日常性に立脚した役柄でも実績を築き、次第に名脇役と評価され始めていた。
2017/11/9(木)
   
古尾谷雅人のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
古尾谷雅人のつながりをもっと見る