このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

松坂慶子


飯島直子


外岡えりか


さくら_(タレント)


渡辺哲


小山慶一郎


夏八木勲


藤本隆宏_(俳優)


>>もっと見る

宮川大助・花子 宮川左近ショー

みやがわだいすけ・はなこ
宮川大助・花子
宮川大助・花子(みやがわだいすけ・はなこ)は、日本の漫才コンビ。所属事務所はよしもとクリエイティブ・エージェンシー。1979年1月結成。2人は夫婦で、いわゆるしゃべくり漫才を得意とするベテランコンビである。なんばグランド花月(NGK)の舞台に出演している。奈良県生駒市在住。

www.hi-carat.co.jp

smartnews.jp

www.city.miyazu.kyoto.jp
  鳥取県西伯郡余子村大字竹内(現:境港市竹内町)生まれ。
実父はもと、仕事を求めて朝鮮半島に移住し、満鉄に勤めるも、終戦直前のソ連侵攻の大混乱の中、着の身着のままで郷里に戻った後大工に従事していた中で大助をもうけた。
大助は極貧の中で育った(吉本内では池乃めだか、黒田有(メッセンジャー)、田村裕(麒麟)と並んで「物凄い貧乏生活を経験した吉本芸人」と称されることがある)。
鳥取県立米子工業高等学校電波通信科(現・情報電子科)卒業。
三菱電機勤務ののち、松竹芸能の養成所を経て、1972年、浪曲漫才「宮川左近ショー」のリーダーだった4代目宮川左近に入門 同門の宮川小助(のちの宮川青丸)とコンビ「大助・小助」を組んだが、3年で解散。
芸人を一時廃業し、スーパーマーケットの警備員となった。
大助の1年後に入社した花子に漫才コンビ結成を誘われた。
警備会社に籍を置くかたわら、100本にのぼる漫才台本を書き、芸界復帰のチャンスをうかがった。
公式プロフィールで公表している趣味は、オーディオ・DVD鑑賞、山登り。
とりわけオーディオ機器に大金を費やすことで知られ、自宅に招いたかつての吉本会長・林正之助から「河内音頭を4、5組いっぺんに腹の中で演ってるようなもん買うな!」と苦笑されている。
2017/12/16(土)
   
宮川大助・花子のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
宮川大助・花子のつながりをもっと見る