このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

工藤静香


ブルゾンちえみ


高畑裕太


サザンオールスターズ


斉藤慶子


小林旭


田中聖


津田大介


>>もっと見る

小室哲哉 アコースティック・ギター

こむろ てつや
小室哲哉

画像ページ

画像ページ

画像ページ
  プロデュースに専念するようになった1990年代から、安室・華原・globeのレコーディングでは7:3~6:4(シンセ:ギター)の割合でギターも演奏するようになった(主にPRS Guitarsのエレクトリックギターとアコースティック・ギター)。
理由は鍵盤に対してのサンプリングのテクノロジーが発展していなかったので、歌とギター特有の細かな動作・操作・表現を鍵盤で再現するのが不可能であり、鍵盤は音を跳ねさせるのは難しいけど、ギターはテクニックがなくても音を跳ねさせることができるからであった。
ギタリストは「キーボードで鳴らして楽曲の元々のコードに混じると鳴らせないコードでも、ギターがその部分をサポートしてくれる。
その他にもイントロで即興演奏で遊んでくれて、種類を持ち変えるだけで全てが変わるから、ライブでは特に必要不可欠」と評している。
小室によるギターの演奏を録音したのは篠原涼子の「もっと もっと…」が初めてであり、H Jungle with tの楽曲でもノークレジットながら演奏している。
2017/7/21(金)
   
小室哲哉のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
小室哲哉のつながりをもっと見る