このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

いかりや長介


イモトアヤコ


唐沢寿明


竹内まりや


THE_HIGH-LOWS


渥美清


椎名林檎


ダンディ坂野


>>もっと見る

小泉純一郎 竹下派

こいずみ じゅんいちろう
小泉純一郎
小泉 純一郎(こいずみ じゅんいちろう、1942年〈昭和17年〉1月8日 - )は、日本の政治家。衆議院議員(12期)、厚生大臣(第69・70・81代)、郵政大臣(第55代)、内閣総理大臣(第87・88・89代)、外務大臣(第132代)、農林水産大臣(第38代)、自由民主党総裁(第20代)などを歴任した。

en.wikipedia.org

matome.naver.jp

matome.naver.jp
  1991年(平成3年)、自民党総裁選で再選を目指し、最大派閥の経世会(竹下派)の支持を受けた海部俊樹(首相)に対抗し、盟友の山崎拓(渡辺派)・加藤紘一(宮沢派)と組んで、「海部続投阻止」「経世会支配打倒」を打ち上げた。
所属する三塚派のほか、渡辺派・宮沢派の反主流派が結束したため、海部内閣は機能不全に陥り、海部は総裁選不出馬に追い込まれた。
1994年(平成6年)、自民党は日本社会党委員長の村山富市を内閣総理大臣指名選挙で支持して自社さ連立政権を成立させ政権に復帰、野中広務らの平成研究会(旧竹下派)が主導的な力を持つようになった。
竹下内閣で国対副委員長を務め、国対委員長である渡部恒三に仕えた。
渡部が政調会長の渡辺美智雄から批判された際にこれをかばったことを渡部は感謝し「いやあ正論を言ってくれたなあ 君は首相になる」と言ったところ、本当になってしまったと回想している。
のちに小泉政権時に渡部が民主党の国対委員長に就任した2006年4月に両者は国会で対峙している。
YKKで反竹下派として活動したが、大蔵政務次官として仕えた当時の大蔵大臣が竹下登であり、実際には前述の福田との関係並みに竹下との関係は良好であった。
竹下派を批判する際も、決して竹下の批判はしなかった。
長年選挙対策本部長を務めた竹内清(前神奈川県議会議長)は、暴力団稲川会の元組員であり、石井会長と非常に親しい関係にあった。
写真週刊誌『FRIDAY』(2004年6月25日号)は「小泉首相の選挙経歴 - 選挙対策本部長が元暴力団」というスクープ記事を掲載し、この竹内の証言を引き出している。
竹内の力によって1969年時の選挙の時に注目を集めた小泉の女性問題に関する中傷はピタリと止み、1972年初当選を果たした。
竹内はその後連続10回選挙対策本部長を務め、2001年に政治活動から引退した。
2017/10/16(月)
   
小泉純一郎のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
小泉純一郎のつながりをもっと見る