このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

川栄李奈


SCANDAL_(日本のバンド)


ナイツ_(お笑いコンビ)


関ジャニ∞


和田アキ子


嵐_(グループ)


浅田真央


Kis-My-Ft2


>>もっと見る

徳光和夫 太陽にほえろ!

とくみつ かずお
徳光和夫
徳光 和夫(とくみつ かずお、1941年3月10日〈戸籍上。実際は3月3日〉 - )は、日本のフリーアナウンサー、タレント、司会者。日本ドッジボール協会顧問、株式会社ソニー・ミュージックアーティスツ顧問、日本司会芸能協会顧問、海原会(学校法人海城学園OB会)会長。オフィス ラ・メール所属。マネジメントはソニー・ミュージックアーティスツと業務提携。元日本テレビアナウンサー。

www.bs4.jp

www.confetti-web.com

www.zakzak.co.jp
  1980年にスタートした『NNSアナウンス大賞』の第1回最優秀賞受賞者である。
1983年2月から1985年6月まで、日テレのキャッチフレーズ「おもしろまじめに4チャンネル」のイメージキャラクターを、小林完吾とともに務めた(自身が「おもしろ」、小林が「まじめ」として) このコンビで局の垣根を超えて『笑っていいとも』の「テレフォンショッキング」に出演しており(1983年4月5日)、ドラマでも『太陽にほえろ!』の550話「俺はプロだ!」にて出演している(1983年4月1日)。
日テレ時代の後輩である福留功男とは、40年来の親友関係にあるが、『アメリカ横断ウルトラクイズ』での役回りから一時期テレビで「犬猿の仲」を演じていたことがあった。
仕事以外では、福留が『ズームイン!!朝!』の司会に就任する際のインタビューで、「徳光さんは各局のリポートをきちんと受け止める名キャッチャーだった」と高評価し、1991年に、福留がフリーになった理由のひとつが「先輩であり親友でもある徳光さんが退社してフリーになったこと」であった程、仲が良い 自身も「トメはアナデューサーだ」と福留の放送人としての才能を評価している。
2007年10月15日から放送されていた『オジサンズ11』で、フリー転向後初めて福留とのレギュラー共演を果たしており、この番組では「犬猿の仲」は演じていない なお、2人の後輩である羽鳥は徳光を「キャッチャータイプ」、福留を「ピッチャータイプ」と評し、羽鳥自身は「キャッチャータイプ」だという。
2018/1/10(水)
   
徳光和夫のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
徳光和夫のつながりをもっと見る