このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

里田まい


斎藤工


間宮祥太朗


島崎和歌子


松田優作


コウメ太夫


椿鬼奴


原田泰造


>>もっと見る

東国原英夫 ビートたけし

ひがしこくばる ひでお
東国原英夫
東国原 英夫(ひがしこくばる ひでお、1957年9月16日 - )は、宮崎県都城市出身の政治家、タレント。元衆議院議員(1期)。第17代宮崎県知事。かつてお笑い芸人であり、ビートたけし率いる芸人集団・たけし軍団の一員でビートたけしの最初の弟子。俳優、作家としての活動歴がある。タレント時代は「そのまんま東」(そのまんま ひがし)や「東英夫」(ひがし ひでお)という芸名で活動していた。専修大学経済学部経済学科卒業、早稲田大学第二文学部社会人間系専修卒業、早稲田大学政治経済学部政治学科中退。

girlschannel.net

ameblo.jp

matome.naver.jp
  ビートたけしに師事(最初の弟子)し、たけしが率いる芸人集団・たけし軍団の一員でとしてタレントデビュー。
タレント時代は『そのまんま東』(そのまんまひがし)や『東英夫』(ひがし ひでお)という芸名で活動していた。
お笑い芸人・俳優・作家などで活躍。
1980年、フジテレビ『笑ってる場合ですよ!』のお笑いオーディションコーナー「お笑い君こそスターだ!」に「オスカル・メスカル」という漫才コンビで出場した際に、同番組に出演していたビートたけしの楽屋を訪ねて弟子入りを願い出て、1981年1月に付き人となる。
現在までに数多くいるたけしの弟子の第1号である。
デビュー当初の芸名は東英夫であった。
相方の芸能界引退に伴いコンビは解散。
京都産業大学の学生だった丸山昭範と3か月だけという約束で、たけしのコンビ名「ツービート」の「ツー」をもらった「ツーツーレロレロ」というコンビを結成 3か月後、芸能界を辞める丸山に、たけしに黙って失踪したという事にしてもらい、東国原は当時テレビ局でADをしていた大森うたえもん(当時の芸名は大森クンタ)とコンビを組み「ツーツーレロレロ」を続ける。
人気漫才師ビートたけしの弟子と言うことで注目され、関東の有名大学をコキおろすネタを主にやっていた。
1983年にたけし軍団の一員となり、「ツーツーレロレロ」のコンビを解消。
日本テレビのお笑いバラエティ番組『ビートたけしの全日本お笑い研究所』(1988年4月 - 1988年9月)で ニュースキャスター 「東国原英夫」として出演していた(出演者クレジットは「そのまんま東」)。
不祥事で芸能活動を自粛していた1987年に書いた推理小説『ビートたけし殺人事件』がベストセラーになり、翌1988年にはTBSでドラマ化され、東国原自身もたけし軍団の面々と共に出演。
後に結婚することになるかとうかず子もヒロイン役で出演していた。
早稲田受験にあたって、政治家への転身の希望までは告げぬまま、ビートたけしに相談を持ちかけたところ、「どんな政権になっても生き延びるのが芸人であり、社会の問題をただすのは芸人ではない 政治家として活動するのであれば、たけし軍団を脱退し、師弟関係を一度解消すること 」と、政治家への転身の希望を見透かしていたビートたけしから条件付きで承諾を得た。
このため、選挙活動は芸名の「そのまんま東」で行ったが、県知事に就任してからは本名で活動している。
一方、返上された「そのまんま東」の芸名は、2007年3月にたけしの付き人であるゾマホン・ルフィンが襲名した(2代目)。
1980年(昭和55年)12月 - フジテレビ のお昼のバラエティ番組『笑ってる場合ですよ!』の「お笑い君こそスターだ!」のコーナーで漫才コンビ「オスカル・メスカル」で出場し、チャンピオンになる。
1981年(昭和55年)1月 - ビートたけし(ツービート)の最初のボーヤ(付き人)となる。
1983年(昭和58年)9月 - 『お笑いスター誕生!!』で「ツーツーレロレロ」として出場し、金賞を受賞。
上記の通り、マラソンに打ち込んでいることで有名である。
TBSのオールスター感謝祭の赤坂5丁目ミニマラソンには出演する際には必ず参加したり、日本テレビの24時間テレビ 「愛は地球を救う」のチャリティーマラソンについて「誘いがあれば検討したい」と述べていた。
なお、政界で同じくマラソンに打ち込んでいる鈴木宗男をライバル視しており、2008年東京マラソンでは敗北したものの、2009年東京マラソンでは鈴木宗男よりも早くゴールインした。
なお、東京マラソン後に政務をこなした。
宮崎県知事就任後も師匠のビートたけしの事は「神の様な人」と尊敬している。
公人でありながらテレビ番組の中では靴で頭を叩かれるなどたけしからは芸人時代同様の扱われ方をすることがあるが憤慨することはない。
2009年の『M-1グランプリ』に同大会の大会委員長である島田紳助から直々にオファーがかかり、漫才経験者でもあったことを活かし『M-1グランプリ2009』の審査員を務めた。
なお、政治家経験者で審査員となったのは青島幸男、西川きよし、立川談志に次いで4人目で、現職政治家並びに都道府県知事が審査員を務めるのは初となった。
早川伸吾 - そのまんま東(東国原)の一番弟子(ビートたけしの初孫弟子)。
2017/11/14(火)
   
東国原英夫のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
東国原英夫のつながりをもっと見る