このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

里田まい


斎藤工


間宮祥太朗


島崎和歌子


松田優作


コウメ太夫


椿鬼奴


原田泰造


>>もっと見る

王貞治 第30回選抜高等学校野球大会

おう さだはる
王貞治
王 貞治(おう さだはる、中国語拼音:Wáng Zhēnzhì、1940年5月20日 - )は、日本生まれ、中華民国籍の元プロ野球選手・監督(読売ジャイアンツ監督(第12代)、福岡ソフトバンクホークス監督(第18代))。福岡ソフトバンクホークス株式会社取締役会長。日本プロ野球名球会顧問。通算本塁打868本を記録し、巨人のV9に貢献。1977年、初めて国民栄誉賞を受賞した人物であり、2010年には文化功労者として顕彰された。

bitex-cn.com

ja.wikipedia.org

matome.naver.jp
  翌年3年生の時の第30回選抜高等学校野球大会では打者としても活躍し、30年ぶりとなる2試合連続本塁打を放った(当時の甲子園球場はラッキーゾーンはあったが、高校野球も木製バットを使用していた。
金属バットの使用が認められるのは1974年からである)。
3年生の夏は、東京大会の決勝戦で明治高校と対戦、1対1で迎えた延長12回表に4点を奪いながらその裏に5点を奪われて逆転サヨナラ負けを喫し、5季連続の甲子園出場は果たせなかった。
この時、早実の野球部長の音頭により、甲子園本大会に向けて大阪に出発する明治高校ナインを早実野球部員全員で東京駅にて見送った。
もともと王は父の意向もあって大学進学を考えており、高校2年生の夏にはすでに読売ジャイアンツより誘いがあったが、大学進学を考えていたため断っている。
王は「もし5季連続出場を果たしていたら野球にけじめをつけて大学にいっていたと思う 最後に出られなかったことで気持ちが宙ぶらりんになった」と語っている。
2017/11/13(月)
   
王貞治のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
王貞治のつながりをもっと見る