このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

クマムシ_(お笑いコンビ)


南明奈


おぎやはぎ


水樹奈々


田村亮_(お笑い芸人)


山口達也_(ジャニーズ)


小島瑠璃子


ケツメイシ


>>もっと見る

田中将大 K/BB

たなか まさひろ
田中将大
田中 将大(たなか まさひろ、1988年11月1日 - )は、日本の兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手(投手)。現在は、MLBのニューヨーク・ヤンキースに所属している。2014年からはMLB移籍に伴い活動拠点を北米に移し、現地の代理人はエクセル・スポーツ・マネージメント社となっている。連続勝利のギネス世界記録保持者。妻は、歌手でタレントの里田まい。

event.rakuten.co.jp

sportiva.shueisha.co.jp

number.bunshun.jp
  2011年1月12日にホリプロよりマネジメント契約を結んだことが明らかにされた。
公式戦シーズンは、6月と7月には2か月連続で月間MVPを受賞、8月7日の対日本ハム戦を迎えるまでの開幕から16試合連続でクオリティ・スタートを達成し、8月27日の対ソフトバンク戦では野田浩司に次ぐ歴代2位の1試合18奪三振を記録。
9月10日の対日ハム戦では、2006年夏の甲子園の決勝以来となる斎藤佑樹との対戦となり、前売り券のみで売切れるほどの大きな盛り上がりを見せ、結果は田中が1失点完投で勝利した。
この試合は「ジョージア魂」賞の年間大賞に選ばれている。
シーズン前半は10回無失点ながら勝ちが付かないなど、中々打線の援護に恵まれなかったが後半に勝ち星を伸ばし、最終的に19勝5敗。
前述の6、7月の他に10月も月間MVPを受賞し、リーグ史上初となる年間3度の月間MVP受賞を果たした。
投球回は初の200イニング超えの226回1/3イニング、年々減っていた奪三振は241とイニング数を超える数を記録。
防御率はパ・リーグ史上2位となる1.27で、2リーグ制以降では歴代5位の記録である。
この年は最多勝利(D.J.ホールトンと同数)、最優秀防御率、最優秀投手、最多完封(6試合、ダルビッシュと同数)の4冠を獲得。
他に両リーグトップの完投(14試合、ただし2試合10イニングを投げた試合があるがいずれも決着が付かなかったため完投ならず)、無四球試合(5試合)も記録。
四球の数も減り、過去最多のイニングを投げながら四球は僅か27と過去最少で、パ・リーグの規定投球回に到達した投手の中では3番目に少なく与四球率1.07、K/BBは最多奪三振を記録したダルビッシュの7.67を上回る8.93を記録し、沢村栄治賞を初受賞、他にもベストナインにも選出され、ゴールデングラブ賞、最優秀バッテリー賞も獲得した。
制球力を示す指標である奪三振を与四球で割るK/BBでは、生涯1000イニング以上投げた投手の中では日本プロ野球歴代3位となる通算4.50を記録している。
NPBでの通算の与四球率は1.9、メジャー通算は1.7。
2017/11/23(木)
   
田中将大のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
田中将大のつながりをもっと見る