このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

田村裕


遠藤舞


小嶋陽菜


西郷輝彦


麒麟_(お笑いコンビ)


松山ケンイチ


鈴木保奈美


日村勇紀


>>もっと見る

西田敏行 八代将軍吉宗

にしだ としゆき
西田敏行
西田 敏行(にしだ としゆき、1947年11月4日 - )は、日本の俳優、歌手、タレント、司会者。福島県郡山市出身。オフィスコバック所属。明治大学付属中野高等学校卒業、明治大学農学部中退。身長166cm、体重80kg超。主演の映画『釣りバカ日誌』は1988年(昭和63年)から2009年(平成21年)まで22作続いた代表作。日本俳優連合理事長。日本アカデミー賞組織委員会副会長。4歳年下の夫人との間に2女あり。

www.cinematoday.jp

eiga.com

www.nishidatoshiyuki.com
  NHK大河ドラマに数多く出演しており、初出演した1972年(昭和47年)の『新・平家物語』から、2013年(平成25年)放送の『八重の桜』まで、出演作品数は計12作にのぼり、『山河燃ゆ』1984年(昭和59年)、『翔ぶが如く』1990年(平成2年)、『八代将軍吉宗』1995年(平成7年)、『葵 徳川三代』2000年(平成12年)の4作で主演を務めている。
主演4回は57作(2017年現在)放送されている大河ドラマで最多になる。
歴代の徳川将軍家の人物を演じることが多く、『八代将軍吉宗』では徳川吉宗、『葵 徳川三代』では徳川秀忠、『功名が辻』では徳川家康、と、3名の徳川家将軍を演じている。
特に『功名が辻』では家康を演じるにあたり、数多く残されている家康の肖像画などの姿により近づけるために、特殊メイクで福耳を施して演じた。
また、『おんな太閤記』では豊臣秀吉を演じ、西田の台詞「おかか」(正室・ねねの呼称)は当時の流行語になった。
なお、大河ドラマで三英傑のうち二人以上演じたのは西田が唯一である。
2017/10/20(金)
   
西田敏行のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
西田敏行のつながりをもっと見る