このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

工藤静香


ブルゾンちえみ


高畑裕太


サザンオールスターズ


斉藤慶子


小林旭


田中聖


津田大介


>>もっと見る

西田敏行 森繁久彌

にしだ としゆき
西田敏行

画像ページ

画像ページ

画像ページ
  1968年(昭和43年)、青年座俳優養成所に入り、1970年(昭和45年)に卒業し、青年座座員となる。
同年の青年座7月公演『情痴』(作:西島大)で初舞台 1971年(昭和46年)の10月公演『写楽考』(作:矢代静一)では早くも主役に抜擢され大器の片鱗を見せた。
その後は役者として不遇の日々を送るが、1976年(昭和51年)にレギュラー出演した『いごこち満点』と『三男三女婿一匹』(共にTBS)で注目を集め、森繁久彌のアドリブにも堂々と渡り合う硬軟自在で個性的な演技と、愛嬌のある顔立ちや体型で人気を獲得 1977年(昭和52年)には『特捜最前線』(テレビ朝日)、1978年(昭和53年)には『西遊記』(日本テレビ)に重要な役でレギュラー出演 さらに1980年(昭和55年)には『池中玄太80キロ』(日本テレビ)と『サンキュー先生』(テレビ朝日)で主演、翌1981年(昭和56年)にもNHK大河ドラマ『おんな太閤記』で準主役を務めるなど、連続ドラマで活躍。
1994年(平成6年)、東宝ミュージカル『屋根の上のバイオリン弾き』で森繁久彌、上條恒彦に次ぐ3代目テヴィエ役に抜擢、その後7年にわたり出演している。
同年4月からNHKラジオ第1のラジオドラマ番組『新日曜名作座』に竹下景子とともに起用される。
森繁久彌と加藤道子のコンビで50年にわたり放送された『日曜名作座』の番組スタイルを継承している。
2017/7/20(木)
   
西田敏行のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
西田敏行のつながりをもっと見る