このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

仲里依紗


バカリズム


笑福亭笑瓶


THE_YELLOW_MONKEY


猪瀬直樹


稲村亜美


SCANDAL_(日本のバンド)


関ジャニ∞


>>もっと見る

西田敏行 植村直己

にしだ としゆき
西田敏行
西田 敏行(にしだ としゆき、1947年11月4日 - )は、日本の俳優、歌手、タレント、司会者。福島県郡山市出身。オフィスコバック所属。明治大学付属中野高等学校卒業、明治大学農学部中退。身長166cm、体重80kg超。主演の映画『釣りバカ日誌』は1988年(昭和63年)から2009年(平成21年)まで22作続いた代表作。日本俳優連合理事長。日本アカデミー賞組織委員会副会長。4歳年下の夫人との間に2女あり。

www.cinematoday.jp

eiga.com

www.nishidatoshiyuki.com
  1986年(昭和61年)、映画『植村直己物語』に主演 西田にとっては明大農学部の先輩で、映画公開の2年前、1984年2月にマッキンリーで消息を絶った冒険家・植村直己を演じた。
この作品ではモンブラン(フランス)、エベレスト(ネパール、中国)、マッキンリー、北極など植村の足跡を追う5大陸ロケを敢行 話題となったが、7ヶ月に及ぶ長期ロケは過酷なもので西田は死を覚悟して臨んだ 「実際に大自然と対峙し、つくづく抗えないことがあるんだと痛感させられました。
同時に、大自然の中に身を置いて芝居をするという経験が、僕に言葉にはならない、いろんなものを与えてくれたという意味で、エポックメーキングになった作品だと思います」と、自身にとって大きな転機となった作品だとしている。
2年後の1988年6月公開の映画『敦煌』でも長期の現地ロケに参加 一時は「極地俳優」の異名をとった。
2000年(平成12年)、『ネイチァリングスペシャル「風雪の聖地アンデス縦断4000キロ」- 西田敏行53歳 米大陸最高峰アコンカグアに挑む -」』(テレビ朝日、2001年5月28日放送)の収録のため、南米最高峰アコンカグア(標高 6,962 m)登山に挑戦している。
この当時、焼肉とビールをこよなく愛し、大食漢で大酒飲みでありながら、運動と言えば数か月に1度のゴルフ程度の上、1日の喫煙量は80本以上のヘビースモーカーという生活で、体重は94kg そのため中性脂肪が人並外れて高いなど身体的な不安材料を抱えながらも、8月からネパールでの高地トレーニングを開始 11月上旬にアタックを開始したが、強風や低温など天候に恵まれず、スケジュール的に無理と判断 高度6,830m地点で登頂を断念している。
尚、『植村直己物語』の撮影以来、知己の関係である小西浩文を登山隊長に迎え、国内有数の登山家がサポーターとして同行した。
2017/8/23(水)
   
西田敏行のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
西田敏行のつながりをもっと見る