このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

里田まい


斎藤工


間宮祥太朗


島崎和歌子


松田優作


コウメ太夫


椿鬼奴


原田泰造


>>もっと見る

金子信雄 北大路欣也

かねこ のぶお
金子信雄
金子 信雄(かねこ のぶお、1923年(大正12年)3月27日 - 1995年(平成7年)1月20日)は、俳優・料理研究家。夫人は女優の丹阿彌谷津子。あだ名は「ネコさん」。

www.youtube.com

buta-neko.net

blogs.yahoo.co.jp
  料理が好きだったため、仕事先でも市場へ足を運ぶことがよくあった。
ある時、福岡市での仕事が終わってから市場へ出かけたところ、新鮮なサバを見つけたことから「家族と食べよう」と思い、当初予約していた翌日の朝一番の羽田便を急遽キャンセルし、その日の最終便の飛行機で自宅へ戻った。
そのキャンセルした便は、1982年(昭和57年)2月9日に羽田沖で発生した日本航空350便墜落事故にあたる便となったため、金子は結果的に難を逃れる形となった。
金子が予約していた座席は、特に損傷が激しく死者が多く出た1列目であった。
1992年放送の深夜番組『EXテレビ』「芸能才人図鑑」のコーナーで金子がゲスト出演し、『仁義なき戦い』の挿話を語った時に劇中における金子扮する山守義雄親分のインパクトが大きく]、『山口組三代目』の撮影で出入りしていた山口組三代目・田岡一雄が本作を鑑賞した後、金子の芝居を観て「あら(あれは)、モノホン(本物)だ」という感想を洩らしていた事を関係者づてで聞いた事を披露している。
また公開当時、新幹線での移動中に金子扮する山守義雄のモデルである山村辰雄の舎弟であった山田久(第五部『仁義なき戦い 完結篇』の登場人物で北大路欣也が演じる松村保のモデル)に遭遇し、大勢の子分を引き連れていた山田から「(子分に対して)お前ら、これが俺の親分だ 挨拶しろ」と車内で紹介されて挨拶された。
金子は「おれもどういう顔をしていいのかわからなかった」と語り、周囲の乗客から好奇のまなざしで見られていた事もあって困惑と恐縮のしきりであったと披露している。
2017/11/12(日)
   
金子信雄のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
金子信雄のつながりをもっと見る