このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

小室哲哉


西野カナ


加藤一二三


THE_YELLOW_MONKEY


蛭子能収


MOON_CHILD_(バンド)


三四郎_(お笑いコンビ)


椎名林檎


>>もっと見る

長嶋茂雄 呉明捷

ながしま しげお
長嶋茂雄
長嶋 茂雄(長島 茂雄、ながしま しげお、1936年2月20日 - )は、千葉県印旛郡臼井町(現:佐倉市)出身の元プロ野球選手(内野手)・プロ野球監督(読売ジャイアンツ監督(第10代、第14代))。読売ジャイアンツ終身名誉監督。日本プロ野球名球会顧問。闘志溢れるプレイと無類の勝負強さで巨人の4番打者として活躍し続けた。「ON砲」として並び称された王貞治とともに巨人のV9に大きく貢献し、国民的人気を誇った。2001年より株式会社よみうり(現:株式会社読売巨人軍)専務取締役、巨人軍終身名誉監督。2013年、国民栄誉賞を受賞した。

画像ページ

画像ページ

画像ページ
↑ 1993年の2度目の監督就任以前まで、新聞やマスコミにおいて、「嶋」は常用漢字ではないので、「長島」姓の表記が使われることが多かった(なお『巨人の星』や『ドカベン』などの創作物などの多くは長島表記であった) したがって「島」と表記するのは本来ならば誤記である しかし1993年以前の書籍などでは上記が誤って定着してしまったのか、この表記になっている場合が多い また、親族でも公式の場では次男・正興と次女・三奈が「長島」表記を使用している 一方、球場のスコアボードでは現役時代から「長嶋」を使用した例があり、引退試合の後楽園球場でもこの表記だった ↑ 『姓氏』(著者:丹羽基二、監修:樋口清之)p237.によると、長嶋氏は桓武平氏良文流千葉氏の末裔と述べている ↑ 砂押から特別扱いされていた長嶋は先輩から嫌われ、事あるごとに指導という名の暴力を受けていた 連帯責任という形で野球部の同級全員が被害に遭うことも少なくなかった ↑ この記録を前に持っていたのは、1930年の宮武三郎(慶大 阪急軍初代主将としても活躍 ),1936年の呉明捷(早大 2014年の台湾映画『KANO 1931海の向こうの甲子園』では準主役的な存在として描かれた )で共に7本塁打を打っていた ↑ 大映スターズオーナーの永田雅一が卒業後の獲得を目指して大学1年生の時に長嶋と実家で面会し「優勝するチームで野球がしたい」と言われたことがNHKテレビの『その時歴史が動いた』(2005年2月9日放送分)で紹介されている ↑ 阪神タイガースのスカウト青木一三は大学を中退させての獲得に向けて本人や家族と交渉したが、藤村排斥事件を受けて頓挫している ↑ 広島カープも長嶋を広島観光に誘うなどしていた ↑ 長嶋は、父が亡くなってから行商をするなどして家計を支えた母親を非常に尊敬しており、母親の懇願を断ることが出来なかったという ↑ このケースでは、長嶋は二塁を踏んだ瞬間に一塁を踏み直すことが許されなくなり(公認野球規則7.10(b)(2))、投手がボールを保持してプレーがかかったのち、投手が最初の投球をする前に一塁手の藤井弘が送球を要求し、鵜狩から送球を受けて触塁しアピールし、一塁塁審の竹元勝雄がアウトを宣告した この場合、投手に補殺、一塁手に刺殺が記録され、記録上投手ゴロと同じためこのように伝えられている。↑ 少年時代にこの天覧試合をテレビで観戦していた沢木耕太郎は、著作『三人の三塁手』(1975年)の中で、「(長嶋は)子供にも即座に理解できる英雄だった」と記している ↑ 庵原英夫『正しい技術 勝つ作戦のコツ 野球ルール』(有紀書房、1987年) p64-65 公認野球規則の6・02a(打者の義務)では打者は自分の打順がきたら速やかにバッタースボックスに入って打撃姿勢をとらなければならないとされているが、「バットを持って」とは明記されていない このときの球審は長嶋がバットを持っていなくても素手で構えたため打撃姿勢をとったものとみなし、四球の判定を下しているが、バットを持っていなければ投手の投球を打ち返すことは不可能であり、庵原は長嶋のこの行為に対して、球審によっては打撃姿勢をとっていないとみなす可能性があることを同書内で指摘している なお打者が打撃姿勢をとろうとしない場合、球審は投手に投球を命じ、どのような投球であってもストライクを宣告することができる このため、もし球審が打撃姿勢をとっていないとみなした場合、素手で構えて以降の投球は全てストライクとなり、ストライクを3回宣告されるまでに打者が打撃姿勢を取らなかった時には、アウトを宣告される ↑ この言葉は、「永遠に不滅です」と誤って引用される場合も多く見られる ↑ 2000年~2001年は認定者本人の使用により、一時的に解除となった ↑ オリコンの公式発表によれば、本作以後2003年の綾小路きみまろの『綾小路きみまろ 爆笑スーパーライブ第1集! 中高年に愛を込めて…』まで、オリコンアルバムチャートで週間トップ20入りする音楽以外のアルバム作品はなかった ↑ 戦前にはフィリピン人のアデラーノ・リベラが1年間ではあるが在籍した なお、やはり戦前に在籍したヴィクトル・スタルヒンはロシア系であるが日本の学校への在学歴がある ここでは「学歴まで含めて外国で育った非日系の外国人選手」として初めてという意味である ↑ 現役引退前後の頃にも同様の発言をしたことがあり、「野球というスポーツは、人生そのものだと僕は思います 失意と得意、成功と失敗が常に背中合わせになっています 勝者が笑う陰には、常に敗者がいます 栄光の陰に、数知れぬ挫折があります」と語っている(沢木耕太郎著「三人の三塁手」) ↑ 後に長嶋は阿川との対談で、「(意識は)なかった もう(状態は)上中下の下で、一番悪かったですからね その下は死ですから」と語っている 阿川、2011↑ 長嶋は一茂の判断について「一番悪い状態の時でしたからね」と理解を示しながら、誰が何と言ってもアテネへ行くつもりがダメになった事へのショックと孤独を語っている 阿川、2011↑ 同プロジェクトは2010年まで毎年1月に開催されていた ↑ この内容が2011年に単行本となっている 阿川、2011↑ このことは広岡達朗や堀内恒夫が証言している ↑ ビートたけしは長嶋の守備について、「長嶋が登場するまでは、巨人の守備になるとみんな便所にいってたんだよ つまり守備は見る必要がないって思ってたんだ でも長嶋が登場してからは、あの守備が見たくてさ 便所すら行けなくなっちゃったよ(笑)」と述べている ↑ 玉木正之の『プロ野球大事典』(1990年、新潮文庫)では、東急フライヤーズの一言多十が映画『七人の侍』を「七人のマチ」と言ったエピソードから、多くのコラムニストが他のプロ野球選手にこれを付会させたエピソードを「創作」し、その「被害」が最も多いのは長嶋であろうと記されている(P470) 同書には1979年のあるエッセイで、長嶋が同じ黒澤明監督の映画『野良犬』を「ノヨシケン」と呼んだと書かれている例が紹介されている(P441) ↑ 引用中、( )内は記者による描写 当時は前年の安保闘争の記憶が生々しい時期で(長嶋もインタビューで「昨年の安保のときから(引用者注:政治面に)興味もつようになったんです」と発言している)政権交代をうかがわせる雰囲気があった ↑ 長嶋の編著「野球は格闘技だ」にも同内容のコメントを寄せている。なお、この話は石原を通じて役者内でも広がったらしく、勝新太郎も同著内でその話に触れたコメントを寄せている。
   
長嶋茂雄のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
長嶋茂雄のつながりをもっと見る