このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

吉川晃司


加藤一二三


モーニング娘。


菅野美穂


中野英雄


小林麻央


松本潤


桑田佳祐


>>もっと見る

長嶋茂雄 西村欣也

ながしま しげお
長嶋茂雄
長嶋 茂雄(長島 茂雄、ながしま しげお、1936年2月20日 - )は、千葉県印旛郡臼井町(現:佐倉市)出身の元プロ野球選手(内野手)・プロ野球監督(読売ジャイアンツ監督(第10代、第14代))。読売ジャイアンツ終身名誉監督。日本プロ野球名球会顧問。闘志溢れるプレイと無類の勝負強さで巨人の4番打者として活躍し続けた。「ON砲」として並び称された王貞治とともに巨人のV9に大きく貢献し、国民的人気を誇った。2001年より株式会社よみうり(現:株式会社読売巨人軍)専務取締役、巨人軍終身名誉監督。2013年、国民栄誉賞を受賞した。

画像ページ

画像ページ

画像ページ
  幼少時代、阪神タイガースの藤村富美男のプレーを見て野球選手を志すようになる。
小学4年生から兄の影響で野球を始めたが、当時は終戦間もなくということもあって道具があまり揃えられず、母親にビー玉と堅い布でボールを作ってもらっていたという。
また、グラブも母親の手縫いのもので『100人の20世紀(下)』(61)長嶋茂雄[西村欣也執筆]2001年、朝日文庫、p.111、初めて握ったバットは青竹を割った手製のものであった沢木耕太郎著「三人の三塁手」(『敗れざる者たち』収録)。
1951年4月、千葉県立佐倉第一高等学校に進学する。
2年生から4番打者を担う。
高校時代はほぼ無名だったが、高校最後の大会地区予選で勝ち進み、南関東大会に千葉代表校として出場を果たす。
第1回戦、熊谷高校との試合(1953年8月1日大宮球場)で、遊撃手の長嶋は試合前に負傷していた三塁手・鈴木英美に代わって三塁手を務めた『100人の20世紀(下)』(61)長嶋茂雄[西村欣也執筆]2001年、朝日文庫、p.107 遊撃手で度重なるエラーをしていたことからのコンバートであり、以降、三塁手として定着 同試合には敗れたものの、6回表に福島郁夫投手から高校公式試合で自身唯一の本塁打を放った『100人の20世紀(下)』(61)長嶋茂雄[西村欣也執筆]2001年、朝日文庫、p.107-108。
このバックスクリーン下の芝生への鋭いライナー性の本塁打 を、当時の新聞は飛距離を350フィート(約107m)と推定した。
この特大の本塁打により長嶋は野球関係者から大いに注目を集めることとなった。
この本塁打を見ていた1人に朝日新聞記者・久保田高行がいた。
久保田からその話をきいた報知新聞記者・田中茂光が、内野手のスカウトにあたっていた富士製鉄室蘭野球部マネージャー・小野秀夫に話をした『100人の20世紀(下)』(61)長嶋茂雄[西村欣也執筆]2001年、朝日文庫、p.108 小野は長嶋に富士製鉄室蘭への入社を勧めるも、長嶋の父親は進学を希望し、さらに上司から北海道からの新人が内定したとの連絡を受けたため、断念『100人の20世紀(下)』(61)長嶋茂雄[西村欣也執筆]2001年、朝日文庫、p.109。
小野はかわりに、自らの出身校・水戸商高の先輩にあたる砂押邦信が監督を務める立教大学への進学を勧めた。
砂押の教育方針に感銘を受けた長嶋の父親は、読売ジャイアンツからのプロ入りのオファーも長嶋に知らせない上で、進学を理由に勝手に断っている。
プロ入り志望の長嶋は激怒したという。
2016/5/15(日)
   
長嶋茂雄のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
長嶋茂雄のつながりをもっと見る