このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

香川照之


蛭子能収


唐沢寿明


GReeeeN


関ジャニ∞


松井珠理奈


モーニング娘。


松田聖子


>>もっと見る

長嶋茂雄 遊撃手

ながしま しげお
長嶋茂雄
長嶋 茂雄(長島 茂雄、ながしま しげお、1936年2月20日 - )は、千葉県印旛郡臼井町(現:佐倉市)出身の元プロ野球選手(内野手)・プロ野球監督(読売ジャイアンツ監督(第10代、第14代))。読売ジャイアンツ終身名誉監督。日本プロ野球名球会顧問。闘志溢れるプレイと無類の勝負強さで巨人の4番打者として活躍し続けた。「ON砲」として並び称された王貞治とともに巨人のV9に大きく貢献し、国民的人気を誇った。2001年より株式会社よみうり(現:株式会社読売巨人軍)専務取締役、巨人軍終身名誉監督。2013年、国民栄誉賞を受賞した。

画像ページ

画像ページ

画像ページ
  小学校6年生の時に兄が所属していた地元の青年野球団のハヤテ・クラブに入団した。
兄の下で遊撃手として育てられた。
1951年4月、千葉県立佐倉第一高等学校に進学する。
2年生から4番打者を担う。
高校時代はほぼ無名だったが、高校最後の大会地区予選で勝ち進み、南関東大会に千葉代表校として出場を果たす。
第1回戦、熊谷高校との試合(1953年8月1日大宮球場)で、遊撃手の長嶋は試合前に負傷していた三塁手・鈴木英美に代わって三塁手を務めた。
遊撃手で度重なるエラーをしていたことからのコンバートであり、以降、三塁手として定着。
同試合には敗れたものの、6回表に福島郁夫投手から高校公式試合で自身唯一の本塁打を放った。
このバックスクリーン下の芝生への鋭いライナー性の本塁打 を、当時の新聞は飛距離を350フィート(約107m)と推定した。
普通の三塁手よりも1.5メートルほど後ろに守り、特に横(一塁側に向かうライン)の守備範囲が広く、遊撃手や投手の守備範囲の打球も横取りするようにキャッチすることが多かった。
長嶋は「あの範囲の打球は三塁手の最大の見せ場」と語っており、守備については打撃よりも「ファンと一体になれる守備のほうが好きだった」と述べている。
また、ゴロには15種類あると語り、捕るのが難しいゴロを簡単に捕球するのがプロだと述べている一方、「逆に盛り上げようと思って、何でもないゴロを難しそうに捕ったりしたこともありましたけどね(笑)」と振り返っている。
一方でフライについては1種類しかないと感じ、遊撃手の黒江透修に任せていた。
長嶋は「だってフライは遊びや芸を入れることができないから、捕っても面白くないんだもの(笑)」と語っている。
このように華のある守備で知られ、スローイングの後に右手をヒラヒラさせる独特の動作を行っていたが、これは歌舞伎の動きから取ったものであるという。
若手の頃は僅かながら遊撃手や外野手としても出場している。
大学4年生の時に岐阜県立岐阜商業高等学校野球部へにコーチに行き、当時1年生だった高木守道を指導した。
長嶋は高木の才能を見抜き、監督に高木をレギュラーとして使うように薦め、その結果、高木はすぐにレギュラーを取りチームの中核となった。
また遊撃手だった高木を二塁手に転向させるよう監督に提案したという。
後に高木とは10.8決戦で監督同士として対決した。
2017/6/25(日)
   
長嶋茂雄のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
長嶋茂雄のつながりをもっと見る