このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

西郷輝彦


麒麟_(お笑いコンビ)


松山ケンイチ


鈴木保奈美


日村勇紀


西田敏行


高田純次


横山やすし


>>もっと見る

長嶋茂雄 首位打者

ながしま しげお
長嶋茂雄
長嶋 茂雄(長島 茂雄、ながしま しげお、1936年2月20日 - )は、千葉県印旛郡臼井町(現:佐倉市)出身の元プロ野球選手(内野手)・プロ野球監督(読売ジャイアンツ監督(第10代、第14代))。読売ジャイアンツ終身名誉監督。日本プロ野球名球会顧問。闘志溢れるプレイと無類の勝負強さで巨人の4番打者として活躍し続けた。「ON砲」として並び称された王貞治とともに巨人のV9に大きく貢献し、国民的人気を誇った。2001年より株式会社よみうり(現:株式会社読売巨人軍)専務取締役、巨人軍終身名誉監督。2013年、国民栄誉賞を受賞した。

fumikkorin.blog64.fc2.com

laughy.jp

matome.naver.jp
  砂押の退任後、長嶋は辻猛の下で同期の杉浦忠投手(南海ホークス)、主将を務めた本屋敷錦吾内野手(阪急ブレーブス、阪神)と共に「立教三羽烏」と呼ばれ、東京六大学野球において、1956年(昭和31年)の春季リーグ戦と1957年(昭和32年)の秋季リーグ戦で首位打者を獲得する活躍を見せた。
また1955年秋季から1957年秋季まで、5シーズン連続でリーグベストナイン(三塁手)に選ばれる。
1957年には六大学リーグの通算新記録となる8本塁打を放った。
東京六大学リーグ戦通算96試合に出場し、打率.286(304打数87安打)、8本塁打、39打点、22盗塁 打撃に加えて守備や俊足も野球関係者から高い評価を受け、石井連藏は大学時代の長嶋の守備について「早稲田も頑張って、ずいぶん三遊間にヒット性の打球を打ちましたが、ほとんど長嶋に捕られましたね 彼の守備範囲は普通の人の二倍くらいあったんじゃないでしょうか しかも守備範囲が荒れていない」と評している。
最終打撃成績は、29本塁打・92打点を記録し、本塁打王と打点王の二冠を獲得。
打率は、大阪タイガースの田宮謙次郎と首位打者争いをしたが、田宮がシーズン終盤に欠場して以降、全試合出場を続ける長嶋は打率を下げ、最終的にはリーグ2位の.305に終わった。
しかし長嶋は最多安打を記録、盗塁もリーグ2位の37と活躍し、新人王に選ばれた。
2年目となった同年シーズンは、2位・飯田徳治の.296を大きく引き離す打率.334を記録し、自身初の首位打者を獲得。
本塁打はリーグ3位の27本塁打、打点はリーグ4位の82打点を記録した。
翌年の1960年も打率.334で首位打者を獲り、4番打者ながらリーグ2位の31盗塁を記録。
1961年には打率.353で2位・近藤和彦の.316に大差をつけて3年連続となる首位打者を獲得し、28本塁打で本塁打王も獲得。
打点はリーグ2位の86打点で、打点王の桑田武には8打点及ばなかった。
1962年は打率.288でリーグ5位(首位打者は森永勝治の.307)に終わるが、本塁打と打点はそれぞれリーグ2位、盗塁はリーグ3位を記録する。
本塁打王と打点王のタイトルは同僚の王貞治が獲得し、同年以降、長嶋と王は巨人の中軸打者としてON砲(オーエヌほう)と称された。
これは米メジャーリーグベースボールのニューヨーク・ヤンキースにおけるミッキー・マントルとロジャー・マリスにつけられたMM砲になぞらえた愛称である。
打順は通常、3番王、4番長嶋であったが、両者のコンディションの良し悪しにより、長嶋が3番、王が4番のように、しばしば入れ替わることもあった。
巨人は1965年から1973年まで日本シリーズを9連覇し(V9)、2人はこの間のチームを代表するプレイヤーであった。
1963年は打率.341・37本塁打・112打点で首位打者と打点王を獲得。
本塁打は王の40本塁打に次ぐリーグ2位で、王の打点も長嶋に次ぐリーグ2位だった。
1964年はリーグ3位タイの31本塁打を残し、打率と打点はリーグ4位を記録。
1965年も王の104打点に次ぐリーグ2位の80打点を残すなど活躍した。
長嶋はこの1966年シーズンを打率.344で終え、5度目の首位打者を獲得。
26本塁打・105打点はそれぞれ王に次ぐリーグ2位だった。
秋には、日米野球で来日したドジャースのオマリー会長が「長嶋を譲って欲しい 2年間でいい」と正力松太郎社主に打診したが、「長嶋がいなくなると、日本の野球は10年おくれる」と断ったため、メジャー移籍は実現しなかった。
1971年5月25日の対ヤクルトスワローズ戦にて、浅野啓司から史上5人目となる通算2000本安打を達成。
1708試合での到達は、川上哲治に次いで歴代2位のスピード記録であり、右打者では歴代最速記録である。
また、大学卒でプロ入りしたプロ野球選手では初の達成者となった。
同年シーズンは2位の衣笠祥雄の.285を大きく引き離す打率.320を残し、6度目の首位打者となった。
34本塁打、86打点はそれぞれ王に次ぐリーグ2位だった。
なお、この年以降巨人の右打者の首位打者獲得は2009年にアレックス・ラミレスが、日本人右打者に限定すれば2011年に長野久義が獲得するまで非常に長い年数が経っていた。
首位打者を獲得したシーズンはいずれも安打数でもリーグトップだった。
シーズン最多安打10回はプロ野球記録(6年連続を含むが、これもプロ野球記録)。
また、6回の首位打者のうち最も2位との差が小さかったのは1963年・古葉毅との2厘差で、それ以外の5回は全て1分5厘以上の差をつけての文句なしの首位打者だった。
6回の首位打者のうち2回(1959年、1971年)は長嶋がセ・リーグ唯一の3割打者である。
王がホームランバッターとして覚醒して以降は本塁打王のタイトルを獲得することはなかったが、特に打率・打点で二冠王だった1963年は王とわずか3本差で本塁打王のタイトルを逃し、打率・本塁打で二冠王だった1961年も桑田武に8打点差で打点王のタイトルを奪われて三冠王を逃した。
一方で1968年から1970年の3年間は、王が首位打者・本塁打王・打点2位で打点王を長嶋が獲得し、3年連続で王の三冠王を阻んでもいる。
打率・本塁打・打点の部門において、「二冠王、残りの1部門がリーグ2位」のシーズンを1958年・1961年・1963年の通算3回残したが、これは王の5回と中西太の4回に次いで歴代3位の記録である。
首位打者:6回 (1959年 - 1961年、1963年、1966年、1971年)※6回は右打者記録、セ・リーグ記録。
3年連続は右打者タイ記録、セ・リーグタイ記録。
1952年は最高打撃賞、1953年から1963年は首位打者賞、1964年から1979年は打撃賞。
1979年限りで廃止。
2017/10/18(水)
   
長嶋茂雄のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
長嶋茂雄のつながりをもっと見る