このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

新川優愛


島崎遥香


山崎賢人


戸田恵子


加藤一二三


SKE48


岡田圭右


戸田恵梨香


>>もっと見る

長嶋茂雄 打点王

ながしま しげお
長嶋茂雄
長嶋 茂雄(長島 茂雄、ながしま しげお、1936年2月20日 - )は、千葉県印旛郡臼井町(現:佐倉市)出身の元プロ野球選手(内野手)・プロ野球監督(読売ジャイアンツ監督(第10代、第14代))。読売ジャイアンツ終身名誉監督。日本プロ野球名球会顧問。闘志溢れるプレイと無類の勝負強さで巨人の4番打者として活躍し続けた。「ON砲」として並び称された王貞治とともに巨人のV9に大きく貢献し、国民的人気を誇った。2001年より株式会社よみうり(現:株式会社読売巨人軍)専務取締役、巨人軍終身名誉監督。2013年、国民栄誉賞を受賞した。

画像ページ

画像ページ

画像ページ
  最終打撃成績は、29本塁打・92打点を記録し、本塁打王と打点王の二冠を獲得。
打率は、大阪タイガースの田宮謙次郎と首位打者争いをしたが、田宮がシーズン終盤に欠場して以降、全試合出場を続ける長嶋は打率を下げ、最終的にはリーグ2位の.305に終わった。
しかし長嶋は最多安打を記録、盗塁もリーグ2位の37と活躍し、新人王に選ばれた。
2年目となった同年シーズンは、2位・飯田徳治の.296を大きく引き離す打率.334を記録し、自身初の首位打者を獲得。
本塁打はリーグ3位の27本塁打、打点はリーグ4位の82打点を記録した。
翌年の1960年も打率.334で首位打者を獲り、4番打者ながらリーグ2位の31盗塁を記録。
1961年には打率.353で2位・近藤和彦の.316に大差をつけて3年連続となる首位打者を獲得し、28本塁打で本塁打王も獲得。
打点はリーグ2位の86打点で、打点王の桑田武には8打点及ばなかった。
1963年は打率.341・37本塁打・112打点で首位打者と打点王を獲得。
本塁打は王の40本塁打に次ぐリーグ2位で、王の打点も長嶋に次ぐリーグ2位だった。
1964年はリーグ3位タイの31本塁打を残し、打率と打点はリーグ4位を記録。
1965年も王の104打点に次ぐリーグ2位の80打点を残すなど活躍した。
1968年シーズンは王に次ぐリーグ2位の打率.318、王とデーヴ・ロバーツに次ぐリーグ3位の39本塁打を残し、リーグ最多の125打点を記録して打点王となった。
1969年は王とロバーツに次ぐリーグ3位の打率.311、リーグ4位の32本塁打を残し、115打点で打点王を獲得。
1970年は打率でリーグ10位と低迷するが、一方でリーグ5位タイの22本塁打を残し、リーグ最多の105打点を記録して3年連続の打点王となった。
王がホームランバッターとして覚醒して以降は本塁打王のタイトルを獲得することはなかったが、特に打率・打点で二冠王だった1963年は王とわずか3本差で本塁打王のタイトルを逃し、打率・本塁打で二冠王だった1961年も桑田武に8打点差で打点王のタイトルを奪われて三冠王を逃した。
一方で1968年から1970年の3年間は、王が首位打者・本塁打王・打点2位で打点王を長嶋が獲得し、3年連続で王の三冠王を阻んでもいる。
打率・本塁打・打点の部門において、「二冠王、残りの1部門がリーグ2位」のシーズンを1958年・1961年・1963年の通算3回残したが、これは王の5回と中西太の4回に次いで歴代3位の記録である。
2016/5/15(日)
   
長嶋茂雄のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
長嶋茂雄のつながりをもっと見る