このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

杏_(女優)


千葉雅子


山本圭


本田望結


加藤貴子_(女優)


玉森裕太


綾部守人


世良公則


>>もっと見る

長嶋茂雄 水沼四郎

ながしま しげお
長嶋茂雄
長嶋 茂雄(長島 茂雄、ながしま しげお、1936年2月20日 - )は、千葉県印旛郡臼井町(現:佐倉市)出身の元プロ野球選手(内野手)・プロ野球監督(読売ジャイアンツ監督(第10代、第14代))。読売ジャイアンツ終身名誉監督。日本プロ野球名球会顧問。闘志溢れるプレイと無類の勝負強さで巨人の4番打者として活躍し続けた。「ON砲」として並び称された王貞治とともに巨人のV9に大きく貢献し、国民的人気を誇った。2001年より株式会社よみうり(現:株式会社読売巨人軍)専務取締役、巨人軍終身名誉監督。2013年、国民栄誉賞を受賞した。

pinky-media.jp

matome.naver.jp

www.amazon.co.jp
  敬遠策への抗議として、長嶋は打席上で素手で構えたことがある。
1968年5月11日の中日戦、二死2塁の場面で山中巽投手は敬遠策を取った。
長嶋はこれに対して3球目からバットを持たずに打席に入り、素手だけで構えて抗議に出た。
球場内はどよめいたが、絶対打つことができない長嶋を、山中はそのまま2球ボールを続けて歩かせた。
1971年6月17日の広島戦では、7回二死3塁という場面で、広島の井上善夫、水沼四郎のバッテリーは、敬遠策で長嶋との勝負を回避しようとした。
3球続けてボールが投げられたところで長嶋はバットを捨て、素手で構えた。
スタンドが騒然とする中、絶対に打撃はありえないにも関わらず4球目も敬遠のボールが投げられて四球となり、一塁に歩くこととなった。
2017/12/13(水)
   
長嶋茂雄のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
長嶋茂雄のつながりをもっと見る