このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

田村裕


遠藤舞


小嶋陽菜


西郷輝彦


麒麟_(お笑いコンビ)


松山ケンイチ


鈴木保奈美


日村勇紀


>>もっと見る

長嶋茂雄 開幕戦

ながしま しげお
長嶋茂雄
長嶋 茂雄(長島 茂雄、ながしま しげお、1936年2月20日 - )は、千葉県印旛郡臼井町(現:佐倉市)出身の元プロ野球選手(内野手)・プロ野球監督(読売ジャイアンツ監督(第10代、第14代))。読売ジャイアンツ終身名誉監督。日本プロ野球名球会顧問。闘志溢れるプレイと無類の勝負強さで巨人の4番打者として活躍し続けた。「ON砲」として並び称された王貞治とともに巨人のV9に大きく貢献し、国民的人気を誇った。2001年より株式会社よみうり(現:株式会社読売巨人軍)専務取締役、巨人軍終身名誉監督。2013年、国民栄誉賞を受賞した。

fumikkorin.blog64.fc2.com

laughy.jp

matome.naver.jp
  オープン戦で7本の本塁打を放つなど、活躍の期待が高まるなかで開幕戦を迎えた。
1958年4月5日、対国鉄スワローズ戦に、3番サードで先発出場してデビュー。
国鉄のエース金田正一に4打席連続三振を喫し、そのすべてが渾身のフルスイングによる三振であったことが伝説的に語り継がれている。
また、翌日の試合でもリリーフ登板した金田に三振を喫している。
オープン戦の最中、ある解説者が長嶋を褒め称え「金田など打ち崩して当然」といった趣旨の発言をしていたのを偶然耳にした金田は激昂。
この日の登板のために特訓を重ね、肩のピークがちょうど来るようにしたという。
しかし、その後は金田を打つようになり、翌年の開幕戦では本塁打を放っている。
長嶋の最終的な対金田通算対戦成績は、打率.313、18本塁打。
苦手のコース・球種の無い長嶋は、敬遠を受けることが多かった。
初年度の1958年には6試合連続敬遠を記録。
1961年には年間敬遠数が35にも達し、8月29日の阪神戦では小山正明に走者無しの場面で敬遠された。
1960年の国鉄との開幕戦では、5回二死1塁の場面で、カウント1ストライク2ボールとなったところで捕手の平岩嗣朗が立ちあがり、長嶋を敬遠しようとした。
村田元一は捕手の構えた位置に投げたが、長嶋は強引にバットを振りに行き、左翼席中段への本塁打となった。
同年7月16日には、投手が敬遠で投げた球を無理やり打ちに行き、二塁打を記録した。
また、1962年7月12日の中日戦でも、9回表の2死ニ、三塁の打席で河村保彦の敬遠球を打ちにいき、レフト前に逆転タイムリーを放っている。
2017/10/18(水)
   
長嶋茂雄のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
長嶋茂雄のつながりをもっと見る