このエントリーをはてなブックマークに追加
Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

いかりや長介


イモトアヤコ


唐沢寿明


竹内まりや


THE_HIGH-LOWS


渥美清


椎名林檎


ダンディ坂野


>>もっと見る

香川照之 親の七光り

かがわ てるゆき
香川照之
香川 照之(かがわ てるゆき、本名同じ、1965年12月7日 - )は、日本の俳優、歌舞伎役者、及びボクシング解説者。名跡「市川中車」の当代、九代目 市川中車(くだいめ いちかわ ちゅうしゃ)を名乗る。屋号は澤瀉屋。定紋は大割牡丹、替紋は片羽車。身長171cm。コムスシフトを経て、ロータス・ルーツ所属。

eiga.com

coolship100.net

matome.naver.jp
  元々俳優になるつもりはなく、TBSの緑山スタジオで数か月、ADのアルバイトをしていた。
連日、怒られ通しだったが、後輩として入ってきた新米ADには「でかい顔をして」かなり横柄に弁当の配り方などを教えていたという。
その人物が後の映画監督の行定勲で、その後、監督と俳優として起用された際に、きっちりと復讐されたと語っている。
その後は、親が俳優だったことや他にやりたいこともなかったため、親の七光りを利用しない手はないとの消去法でこの道を選んだと言う。
またデビュー当時を振り返って、両親のネームバリューと、「東大出身」という経歴ばかりがクローズアップされていた事に対して、不遜な態度をとり、批判の的となることも少なくなかった。
20代の頃はなんとなく俳優を続けていたが、『静かなるドン』の撮影時、監督の鹿島勤から100回NGを出され、それ以来、真剣に演技に向き合うようになった、と語っている。
2017/10/16(月)
   
香川照之のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
香川照之のつながりをもっと見る