Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

中田敦彦


西村博之


篠原ともえ


太田光


新庄剛志


松村邦洋


後藤輝基


植木等


>>もっと見る

竹内まりや 杉真理

たけうち まりや
竹内まりや
竹内 まりや(たけうち まりや、1955年3月20日 - )は、日本のシンガーソングライター・作詞家・作曲家、ミュージシャン・音楽プロデューサーである。出生名も竹内まりや。結婚後の本名は 山下まりや(やました まりや)。島根県簸川郡大社町杵築南(現・島根県出雲市大社町杵築南)出身。 生家・実家は出雲大社・二の鳥居近くに在る1877年(明治10年)創業の老舗旅館「竹野屋旅館」(※参照)。父親は4代目竹内繁蔵(旅館経営者。のちには大社町町長も務めた)。夫は山下達郎(シンガーソングライター、ミュージシャン)(※参照)。山下との間に一女がいる(※参照)。 現在所属するレコード会社はワーナーミュージック・ジャパン。現在所属する芸能事務所はスマイルカンパニー、および、夫と共同経営する(著作権管理用)個人事務所のテンダベリー&ハーヴェスト。



1973年、慶應義塾大学文学部へ進学し、英米文学を専攻した。
慶應には、日吉キャンパス を本拠として1962年に結成された同校公認のオールジャンル・バンドサークル(音楽バンド同好会)「Real McCOYs(リアル・マッコイズ、通称:マッコイ、慶應リアルマッコイズ、頭字語:KRM)」があり、ジャンルを問わずに音楽とライブ等の演奏を楽しむこのサークルに竹内も籍を置いた。
3年生の杉真理がリーダーを務めるこのバンドサークルで、竹内は鈴木慶一の従妹らとともにバックコーラスを担当している。
また、杉のソロ活動をバンド形式でサポートする「PEOPLE(ピープル)」にも参加してキーボードとバックコーラスを担当した。
当時の竹内はプロの歌手を目指していたわけではなく、高校時代ビートルズの記事をよく読んでいた雑誌の影響から、将来は音楽雑誌の編集者になりたいと思っていた。
竹内の結婚前の作品は、山下達郎をはじめ、加藤和彦、細野晴臣、告井延隆(センチメンタル・シティ・ロマンス)、大貫妙子、林哲司、伊藤銀次、杉真理、安部恭弘、浜田金吾といった作家が提供している。
しらさやえみ(白鞘慧海)のセカンドシングル「君のそばに~song for Lucky」(1997年11月21日発売)では MAKO 名義で作詞している。
この曲は別の歌手に提供するために作曲を担当した杉真理と共作したもので、しかし使われることなくお蔵入りしていたのを、白鞘が気に入ってシングル化したという経緯がある。
Mako という名前は留学していたアメリカの公立高校でのニックネームと同じである(cf. 留学)。
四代目竹内繁蔵 - 父親。
竹野屋四代目当主。
旧・大社町町長。
杉真理 - 出逢いは1973年。
慶應義塾大学の先輩で、竹内同様、中退している。
杉のソロ活動を支援するためのバンド「PEOPLE(ピープル)」に新入生の竹内も所属した。
「PEOPLE」は杉のプロデビューの際に「Mari & Red Stripes(マリ・アンド・レッド・ストライプス)」と名を改め、結成したバンドは解散しないという杉のポリシーの下、現在も存続している。
cf. #timeline_PEOPLE、#timeline_Mari & Red Stripes。
山下達郎 - 密な出逢いは1980年。
1982年に結婚した。
2023/5/28(日)
1973年、慶應義塾大学文学部へ進学し、英米文学を専攻した。慶應には、日吉キャンパス を本拠として1962年に結成された同校公認のオールジャンル・バンドサークル(音楽バンド同好会)「Real McCOYs(リアル・マッコイズ、通称:マッコイ、慶應リアルマッコイズ、頭字語:KRM)」があり、ジャンルを問わずに音楽とライブ等の演奏を楽しむこのサークルに竹内も籍を置いた 3年生の杉真理がリーダーを務めるこのバンドサークルで、竹内は鈴木慶一の従妹らとともにバックコーラスを担当している また、杉のソロ活動をバンド形式でサポートする「PEOPLE(ピープル)」にも参加してキーボードとバックコーラスを担当した。当時の竹内はプロの歌手を目指していたわけではなく、高校時代ビートルズの記事をよく読んでいた雑誌の影響から、将来は音楽雑誌の編集者になりたいと思っていた。

竹内の結婚前の作品は、山下達郎をはじめ、加藤和彦、細野晴臣、告井延隆(センチメンタル・シティ・ロマンス)、大貫妙子、林哲司、伊藤銀次、杉真理、安部恭弘、浜田金吾といった作家が提供している。

しらさやえみ(白鞘慧海)のセカンドシングル「君のそばに~song for Lucky」(1997年11月21日発売)では MAKO 名義で作詞している。この曲は別の歌手に提供するために作曲を担当した杉真理と共作したもので、しかし使われることなくお蔵入りしていたのを、白鞘が気に入ってシングル化したという経緯がある。Mako という名前は留学していたアメリカの公立高校でのニックネームと同じである(cf. 留学)。

四代目竹内繁蔵 - 父親。竹野屋四代目当主。旧・大社町町長。
杉真理 - 出逢いは1973年。慶應義塾大学の先輩で、竹内同様、中退している。杉のソロ活動を支援するためのバンド「PEOPLE(ピープル)」に新入生の竹内も所属した 「PEOPLE」は杉のプロデビューの際に「Mari & Red Stripes(マリ・アンド・レッド・ストライプス)」と名を改め、結成したバンドは解散しないという杉のポリシーの下、現在も存続している。cf. #timeline_PEOPLE、#timeline_Mari & Red Stripes。
山下達郎 - 密な出逢いは1980年。1982年に結婚した。
1973年、慶應義塾大学文学部へ進学し、英米文学を専攻した。慶應には、日吉キャンパス を本拠として1962年に結成された同校公認のオールジャンル・バンドサークル(音楽バンド同好会)「Real McCOYs(リアル・マッコイズ、通称:マッコイ、慶應リアルマッコイズ、頭字語:KRM)」があり、ジャンルを問わずに音楽とライブ等の演奏を楽しむこのサークルに竹内も籍を置いた 3年生の杉真理がリーダーを務めるこのバンドサークルで、竹内は鈴木慶一の従妹らとともにバックコーラスを担当している また、杉のソロ活動をバンド形式でサポートする「PEOPLE(ピープル)」にも参加してキーボードとバックコーラスを担当した。当時の竹内はプロの歌手を目指していたわけではなく、高校時代ビートルズの記事をよく読んでいた雑誌の影響から、将来は音楽雑誌の編集者になりたいと思っていた。

竹内の結婚前の作品は、山下達郎をはじめ、加藤和彦、細野晴臣、告井延隆(センチメンタル・シティ・ロマンス)、大貫妙子、林哲司、伊藤銀次、杉真理、安部恭弘、浜田金吾といった作家が提供している。

しらさやえみ(白鞘慧海)のセカンドシングル「君のそばに~song for Lucky」(1997年11月21日発売)では MAKO 名義で作詞している。この曲は別の歌手に提供するために作曲を担当した杉真理と共作したもので、しかし使われることなくお蔵入りしていたのを、白鞘が気に入ってシングル化したという経緯がある。Mako という名前は留学していたアメリカの公立高校でのニックネームと同じである(cf. 留学)。

四代目竹内繁蔵 - 父親。竹野屋四代目当主。旧・大社町町長。
杉真理 - 出逢いは1973年。慶應義塾大学の先輩で、竹内同様、中退している。杉のソロ活動を支援するためのバンド「PEOPLE(ピープル)」に新入生の竹内も所属した 「PEOPLE」は杉のプロデビューの際に「Mari & Red Stripes(マリ・アンド・レッド・ストライプス)」と名を改め、結成したバンドは解散しないという杉のポリシーの下、現在も存続している。cf. #timeline_PEOPLE、#timeline_Mari & Red Stripes。
山下達郎 - 密な出逢いは1980年。1982年に結婚した。
1973年、慶應義塾大学文学部へ進学し、英米文学を専攻した。慶應には、日吉キャンパス を本拠として1962年に結成された同校公認のオールジャンル・バンドサークル(音楽バンド同好会)「Real McCOYs(リアル・マッコイズ、通称:マッコイ、慶應リアルマッコイズ、頭字語:KRM)」があり、ジャンルを問わずに音楽とライブ等の演奏を楽しむこのサークルに竹内も籍を置いた 3年生の杉真理がリーダーを務めるこのバンドサークルで、竹内は鈴木慶一の従妹らとともにバックコーラスを担当している また、杉のソロ活動をバンド形式でサポートする「PEOPLE(ピープル)」にも参加してキーボードとバックコーラスを担当した。当時の竹内はプロの歌手を目指していたわけではなく、高校時代ビートルズの記事をよく読んでいた雑誌の影響から、将来は音楽雑誌の編集者になりたいと思っていた。

竹内の結婚前の作品は、山下達郎をはじめ、加藤和彦、細野晴臣、告井延隆(センチメンタル・シティ・ロマンス)、大貫妙子、林哲司、伊藤銀次、杉真理、安部恭弘、浜田金吾といった作家が提供している。

しらさやえみ(白鞘慧海)のセカンドシングル「君のそばに~song for Lucky」(1997年11月21日発売)では MAKO 名義で作詞している。この曲は別の歌手に提供するために作曲を担当した杉真理と共作したもので、しかし使われることなくお蔵入りしていたのを、白鞘が気に入ってシングル化したという経緯がある。Mako という名前は留学していたアメリカの公立高校でのニックネームと同じである(cf. 留学)。

四代目竹内繁蔵 - 父親。竹野屋四代目当主。旧・大社町町長。
杉真理 - 出逢いは1973年。慶應義塾大学の先輩で、竹内同様、中退している。杉のソロ活動を支援するためのバンド「PEOPLE(ピープル)」に新入生の竹内も所属した 「PEOPLE」は杉のプロデビューの際に「Mari & Red Stripes(マリ・アンド・レッド・ストライプス)」と名を改め、結成したバンドは解散しないという杉のポリシーの下、現在も存続している。cf. #timeline_PEOPLE、#timeline_Mari & Red Stripes。
山下達郎 - 密な出逢いは1980年。1982年に結婚した。
竹内まりやのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
竹内まりや ネット配信
竹内まりや キーボード
竹内まりや TVジョッキー ところてん トラウマ ミニスカート タイツ アイススケート
竹内まりや 林哲司
竹内まりや センチメンタル・シティ・ロマンス
竹内まりや アン・ルイス
竹内まりや 元気を出して
竹内まりや だんだん
竹内まりや いのちの歌
竹内まりや ピアノ
竹内まりやのつながりをもっと見る