Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

北川景子


庵野秀明


スザンヌ_(タレント)


梶原雄太


宅麻伸


東ちづる


鈴井貴之


中山美穂


>>もっと見る

SOPHIA エディット・ピアフ

ソフィア
SOPHIA
SOPHIA(ソフィア)は、1995年にメジャーデビューした日本のヴィジュアル系ロックバンド。



2019年現在、トイズファクトリー、東芝EMI、ユニバーサルミュージック在籍時に発売したシングル・アルバム・VHSは廃盤になっている。
トイズファクトリーで発表したシングル曲のうち「進化論 〜GOOD MORNING! -HELLO! 21st-CENTURY〜」から「-僕はここにいる-」までの9曲のPVはVHS・DVDなどになっていなかったため、2005年に東芝EMIからDVD『philosophy-VII』として発売された。
ライブのSEは、本編が始まる直前には必ずエディット・ピアフの「愛の讃歌」が流れた。
終了後は同じくピアフの「ばら色の人生」が流された。
ちなみに「愛の讃歌」は2005年にシングル「one summer day」のカップリングとしてカバーした他、原曲に松岡のオリジナル歌詞を付けた「青空の破片(かけら)」という曲を「獅子に翼IV」と2005年11月放送のBEAT MOTION、ライブツアー「SOPHIA 10th ANNIVERSARRY TOUR 2005 a piece of blue sky〜遥かなる宝島〜」にて披露。
長らく音源の無い曲となっていたが、2007年9月にCD化。
毎年ファンクラブで希望者を募ってメンバーと共に旅行に出掛けるイベント「さく-a!」(さくあ)が催された。
国内だけに留まらずオーストラリアなど海外も訪れ、適時メンバーと交流したりしながら旅行を楽しんだ ちなみに「さく-a!」というのは略称で、正式名称は「さくれつ!THE DYNAMITE Holiday inゴージャス ミラクル ファンタスティク アーンド デリシャス ○○(目的地名) with スィート デンジャラス Funky sophia!」である。
2021/4/10(土)
2019年現在、トイズファクトリー、東芝EMI、ユニバーサルミュージック在籍時に発売したシングル・アルバム・VHSは廃盤になっている。トイズファクトリーで発表したシングル曲のうち「進化論 〜GOOD MORNING! -HELLO! 21st-CENTURY〜」から「-僕はここにいる-」までの9曲のPVはVHS・DVDなどになっていなかったため、2005年に東芝EMIからDVD『philosophy-VII』として発売された。
ライブのSEは、本編が始まる直前には必ずエディット・ピアフの「愛の讃歌」が流れた 終了後は同じくピアフの「ばら色の人生」が流された ちなみに「愛の讃歌」は2005年にシングル「one summer day」のカップリングとしてカバーした他、原曲に松岡のオリジナル歌詞を付けた「青空の破片(かけら)」という曲を「獅子に翼IV」と2005年11月放送のBEAT MOTION、ライブツアー「SOPHIA 10th ANNIVERSARRY TOUR 2005 a piece of blue sky〜遥かなる宝島〜」にて披露。長らく音源の無い曲となっていたが、2007年9月にCD化。
毎年ファンクラブで希望者を募ってメンバーと共に旅行に出掛けるイベント「さく-a!」(さくあ)が催された 国内だけに留まらずオーストラリアなど海外も訪れ、適時メンバーと交流したりしながら旅行を楽しんだ ちなみに「さく-a!」というのは略称で、正式名称は「さくれつ!THE DYNAMITE Holiday inゴージャス ミラクル ファンタスティク アーンド デリシャス ○○(目的地名) with スィート デンジャラス Funky sophia!」である。
2019年現在、トイズファクトリー、東芝EMI、ユニバーサルミュージック在籍時に発売したシングル・アルバム・VHSは廃盤になっている。トイズファクトリーで発表したシングル曲のうち「進化論 〜GOOD MORNING! -HELLO! 21st-CENTURY〜」から「-僕はここにいる-」までの9曲のPVはVHS・DVDなどになっていなかったため、2005年に東芝EMIからDVD『philosophy-VII』として発売された。
ライブのSEは、本編が始まる直前には必ずエディット・ピアフの「愛の讃歌」が流れた 終了後は同じくピアフの「ばら色の人生」が流された ちなみに「愛の讃歌」は2005年にシングル「one summer day」のカップリングとしてカバーした他、原曲に松岡のオリジナル歌詞を付けた「青空の破片(かけら)」という曲を「獅子に翼IV」と2005年11月放送のBEAT MOTION、ライブツアー「SOPHIA 10th ANNIVERSARRY TOUR 2005 a piece of blue sky〜遥かなる宝島〜」にて披露。長らく音源の無い曲となっていたが、2007年9月にCD化。
毎年ファンクラブで希望者を募ってメンバーと共に旅行に出掛けるイベント「さく-a!」(さくあ)が催された 国内だけに留まらずオーストラリアなど海外も訪れ、適時メンバーと交流したりしながら旅行を楽しんだ ちなみに「さく-a!」というのは略称で、正式名称は「さくれつ!THE DYNAMITE Holiday inゴージャス ミラクル ファンタスティク アーンド デリシャス ○○(目的地名) with スィート デンジャラス Funky sophia!」である。
2019年現在、トイズファクトリー、東芝EMI、ユニバーサルミュージック在籍時に発売したシングル・アルバム・VHSは廃盤になっている。トイズファクトリーで発表したシングル曲のうち「進化論 〜GOOD MORNING! -HELLO! 21st-CENTURY〜」から「-僕はここにいる-」までの9曲のPVはVHS・DVDなどになっていなかったため、2005年に東芝EMIからDVD『philosophy-VII』として発売された。
ライブのSEは、本編が始まる直前には必ずエディット・ピアフの「愛の讃歌」が流れた 終了後は同じくピアフの「ばら色の人生」が流された ちなみに「愛の讃歌」は2005年にシングル「one summer day」のカップリングとしてカバーした他、原曲に松岡のオリジナル歌詞を付けた「青空の破片(かけら)」という曲を「獅子に翼IV」と2005年11月放送のBEAT MOTION、ライブツアー「SOPHIA 10th ANNIVERSARRY TOUR 2005 a piece of blue sky〜遥かなる宝島〜」にて披露。長らく音源の無い曲となっていたが、2007年9月にCD化。
毎年ファンクラブで希望者を募ってメンバーと共に旅行に出掛けるイベント「さく-a!」(さくあ)が催された 国内だけに留まらずオーストラリアなど海外も訪れ、適時メンバーと交流したりしながら旅行を楽しんだ ちなみに「さく-a!」というのは略称で、正式名称は「さくれつ!THE DYNAMITE Holiday inゴージャス ミラクル ファンタスティク アーンド デリシャス ○○(目的地名) with スィート デンジャラス Funky sophia!」である。
SOPHIAのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
SOPHIA KURU KURU
SOPHIA オーストラリア
SOPHIA ファンクラブ
SOPHIA メリケンパーク
SOPHIA Zepp
SOPHIA 都啓一
SOPHIA ヒマワリ
SOPHIA 青空の破片
SOPHIA カップリング
SOPHIA 進化論
SOPHIAのつながりをもっと見る