Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

北川景子


庵野秀明


スザンヌ_(タレント)


梶原雄太


宅麻伸


東ちづる


鈴井貴之


中山美穂


>>もっと見る

DJ_OZMA 紅白歌合戦

ディージェイ オズマ
DJ_OZMA
DJ OZMA(ディージェイ オズマ、1979年4月26日 - )は、「氣志團」のヴォーカル兼リーダーの綾小路翔が扮する日本の歌手。所属事務所はソニー・ミュージックアーティスツ。正式な本名、生年、出身地は「非公表」と設定されている。 当初は扮する綾小路翔の「知人」という設定だった。しかし、2013年11月17日放送のトーク番組「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に出演した綾小路が「OZMAと同一人物」である事を認めた。 自身がプロデュースする矢島美容室のナオミ・カメリア・ヤジマと容姿が酷似しているが、本人は「偶然似ているだけ」と主張している。



2006年12月31日、第57回NHK紅白歌合戦に初出場。
その時のパフォーマンスが大きな波紋を広げる(#DJ OZMAのパフォーマンス、#紅白騒動とその後へ)。
* その後、NHK側から番組出演のオファーは一度も無かったが、2007年12月31日の第58回NHK紅白歌合戦の出演メンバーが報道されると、「これ以上オファーを待てない」と勝手に出場辞退したと自称し、12月4日のスポーツ報知で伝えられた。
2007年3月、「第44回ゴールデン・アロー賞」音楽賞を受賞。
2008年11月27日、同年をもって引退、二代目に襲名することを発表した。
ちなみに、二代目DJOZMAは、初代DJOZMAの顔見知りの後輩ら17名でじゃんけんをして勝ち抜いて選ばれた。
引退発表から26日後の12月22日には、大晦日開催の「Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜」(TBS系)のスペシャルプロデューサー就任を発表 同大会でOZMAはボブ・サップとキン肉万太郎の試合をプロデュースした。
なお、同試合開始前にOZMAがパフォーマンスを披露、「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」などを披露した。
奇しくも、紅白歌合戦がニュース中断している21時25分から21時30分の間にパフォーマンスが行われたが、その間の視聴率に関しては不明。
2006年12月31日、『第57回NHK紅白歌合戦』に初出場。
事前のスポーツ紙の取材に対し、脱ぎパフォーマンスを行うことを窺わせる発言をした。
これに対して北島三郎に「歌で勝負しろ」とたしなめられていたことがスポーツ新聞などで報じられていた。
当日のステージは、通常のダンサーメンバーに加え、ピエロが加わり、夜王がマジックを披露 OZMAは演奏途中で消え、ワイヤーに吊るされ、最後は北島三郎と入れ替わるというイリュージョンパフォーマンスを披露した。
この時、OZMAと一緒に演じた女性バックダンサーが、カーニバル風衣装の下の水着まで脱ぎ、裸体の描かれたボディースーツで踊るという演出を行った。
ボディースーツであると気付かない視聴者も多くいたため、視聴者から「本当に裸ではないか?」との問い合わせが即時に寄せられ(放送内で対応できた分が約250件、放送以後1800件 対応できなかった分を含めると数千件以上)、番組内で総合司会のNHK・三宅民夫アナウンサーが「裸ではない」と説明する事態となった。
後日、NHK側は記者会見を行い視聴者へ謝罪した(衣装に関してOZMA側からは説明されていなかった、リハーサル時は水着を脱がなかったなどと説明)。
またOZMA自身はブリーフ姿になり、ブリーフの股間部分に、男性器を模した模型をつけていた。
所属事務所と東芝EMI(現:ユニバーサルミュージック)はNHKに出向き経緯を説明した。
なお、。
2007年1月1日未明、NHKより移動しTBS系『CDTVスペシャル』に出演、紅白歌合戦と同様のパフォーマンスを披露した。
同年1月4日に、NHK会長橋本元一が新年の挨拶で、この件に触れ謝罪。
1月11日に定例記者会見を行い、橋本元一会長がDJ OZMAに対して「現場で使いにくい状況だと思う」と述べた。
また、1月10日までにコールセンターへ1,796件苦情があった。
2008年9月26日、DJ OZMAととんねるずがプロデュースするユニット『矢島美容室』デビュー発表の会見において「目標は紅白出場と東京ドーム7日間公演」と発表 OZMAは「今年の紅白プロデューサーの石原さんにわびを入れたい」と頭を下げた。
同じく紅白歌合戦をきっかけにNHK出入り禁止状態であるとんねるずも「まずはNHKと和解したい」「紅白みたいなことがあったら謝ります」と語った。
2016/5/15(日)
2006年12月31日、第57回NHK紅白歌合戦に初出場。その時のパフォーマンスが大きな波紋を広げる(#DJ OZMAのパフォーマンス、#紅白騒動とその後へ)。
* その後、NHK側から番組出演のオファーは一度も無かったが、2007年12月31日の第58回NHK紅白歌合戦の出演メンバーが報道されると、「これ以上オファーを待てない」と勝手に出場辞退したと自称し、12月4日のスポーツ報知で伝えられた。
 2007年3月、「第44回ゴールデン・アロー賞」音楽賞を受賞。
2008年11月27日、同年をもって引退、二代目に襲名することを発表した。ちなみに、二代目DJOZMAは、初代DJOZMAの顔見知りの後輩ら17名でじゃんけんをして勝ち抜いて選ばれた。
引退発表から26日後の12月22日には、大晦日開催の「Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜」(TBS系)のスペシャルプロデューサー就任を発表 同大会でOZMAはボブ・サップとキン肉万太郎の試合をプロデュースした なお、同試合開始前にOZMAがパフォーマンスを披露、「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」などを披露した。奇しくも、紅白歌合戦がニュース中断している21時25分から21時30分の間にパフォーマンスが行われたが、その間の視聴率に関しては不明。

2006年12月31日、『第57回NHK紅白歌合戦』に初出場。事前のスポーツ紙の取材に対し、脱ぎパフォーマンスを行うことを窺わせる発言をした。これに対して北島三郎に「歌で勝負しろ」とたしなめられていたことがスポーツ新聞などで報じられていた 当日のステージは、通常のダンサーメンバーに加え、ピエロが加わり、夜王がマジックを披露 OZMAは演奏途中で消え、ワイヤーに吊るされ、最後は北島三郎と入れ替わるというイリュージョンパフォーマンスを披露した この時、OZMAと一緒に演じた女性バックダンサーが、カーニバル風衣装の下の水着まで脱ぎ、裸体の描かれたボディースーツで踊るという演出を行った ボディースーツであると気付かない視聴者も多くいたため、視聴者から「本当に裸ではないか?」との問い合わせが即時に寄せられ(放送内で対応できた分が約250件、放送以後1800件 対応できなかった分を含めると数千件以上)、番組内で総合司会のNHK・三宅民夫アナウンサーが「裸ではない」と説明する事態となった。後日、NHK側は記者会見を行い視聴者へ謝罪した(衣装に関してOZMA側からは説明されていなかった、リハーサル時は水着を脱がなかったなどと説明)。またOZMA自身はブリーフ姿になり、ブリーフの股間部分に、男性器を模した模型をつけていた。所属事務所と東芝EMI(現:ユニバーサルミュージック)はNHKに出向き経緯を説明した。なお、。

2007年1月1日未明、NHKより移動しTBS系『CDTVスペシャル』に出演、紅白歌合戦と同様のパフォーマンスを披露した。同年1月4日に、NHK会長橋本元一が新年の挨拶で、この件に触れ謝罪。1月11日に定例記者会見を行い、橋本元一会長がDJ OZMAに対して「現場で使いにくい状況だと思う」と述べた。また、1月10日までにコールセンターへ1,796件苦情があった。

2008年9月26日、DJ OZMAととんねるずがプロデュースするユニット『矢島美容室』デビュー発表の会見において「目標は紅白出場と東京ドーム7日間公演」と発表 OZMAは「今年の紅白プロデューサーの石原さんにわびを入れたい」と頭を下げた 同じく紅白歌合戦をきっかけにNHK出入り禁止状態であるとんねるずも「まずはNHKと和解したい」「紅白みたいなことがあったら謝ります」と語った。
2006年12月31日、第57回NHK紅白歌合戦に初出場。その時のパフォーマンスが大きな波紋を広げる(#DJ OZMAのパフォーマンス、#紅白騒動とその後へ)。
* その後、NHK側から番組出演のオファーは一度も無かったが、2007年12月31日の第58回NHK紅白歌合戦の出演メンバーが報道されると、「これ以上オファーを待てない」と勝手に出場辞退したと自称し、12月4日のスポーツ報知で伝えられた。
 2007年3月、「第44回ゴールデン・アロー賞」音楽賞を受賞。
2008年11月27日、同年をもって引退、二代目に襲名することを発表した。ちなみに、二代目DJOZMAは、初代DJOZMAの顔見知りの後輩ら17名でじゃんけんをして勝ち抜いて選ばれた。
引退発表から26日後の12月22日には、大晦日開催の「Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜」(TBS系)のスペシャルプロデューサー就任を発表 同大会でOZMAはボブ・サップとキン肉万太郎の試合をプロデュースした なお、同試合開始前にOZMAがパフォーマンスを披露、「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」などを披露した。奇しくも、紅白歌合戦がニュース中断している21時25分から21時30分の間にパフォーマンスが行われたが、その間の視聴率に関しては不明。

2006年12月31日、『第57回NHK紅白歌合戦』に初出場。事前のスポーツ紙の取材に対し、脱ぎパフォーマンスを行うことを窺わせる発言をした。これに対して北島三郎に「歌で勝負しろ」とたしなめられていたことがスポーツ新聞などで報じられていた 当日のステージは、通常のダンサーメンバーに加え、ピエロが加わり、夜王がマジックを披露 OZMAは演奏途中で消え、ワイヤーに吊るされ、最後は北島三郎と入れ替わるというイリュージョンパフォーマンスを披露した この時、OZMAと一緒に演じた女性バックダンサーが、カーニバル風衣装の下の水着まで脱ぎ、裸体の描かれたボディースーツで踊るという演出を行った ボディースーツであると気付かない視聴者も多くいたため、視聴者から「本当に裸ではないか?」との問い合わせが即時に寄せられ(放送内で対応できた分が約250件、放送以後1800件 対応できなかった分を含めると数千件以上)、番組内で総合司会のNHK・三宅民夫アナウンサーが「裸ではない」と説明する事態となった。後日、NHK側は記者会見を行い視聴者へ謝罪した(衣装に関してOZMA側からは説明されていなかった、リハーサル時は水着を脱がなかったなどと説明)。またOZMA自身はブリーフ姿になり、ブリーフの股間部分に、男性器を模した模型をつけていた。所属事務所と東芝EMI(現:ユニバーサルミュージック)はNHKに出向き経緯を説明した。なお、。

2007年1月1日未明、NHKより移動しTBS系『CDTVスペシャル』に出演、紅白歌合戦と同様のパフォーマンスを披露した。同年1月4日に、NHK会長橋本元一が新年の挨拶で、この件に触れ謝罪。1月11日に定例記者会見を行い、橋本元一会長がDJ OZMAに対して「現場で使いにくい状況だと思う」と述べた。また、1月10日までにコールセンターへ1,796件苦情があった。

2008年9月26日、DJ OZMAととんねるずがプロデュースするユニット『矢島美容室』デビュー発表の会見において「目標は紅白出場と東京ドーム7日間公演」と発表 OZMAは「今年の紅白プロデューサーの石原さんにわびを入れたい」と頭を下げた 同じく紅白歌合戦をきっかけにNHK出入り禁止状態であるとんねるずも「まずはNHKと和解したい」「紅白みたいなことがあったら謝ります」と語った。
2006年12月31日、第57回NHK紅白歌合戦に初出場。その時のパフォーマンスが大きな波紋を広げる(#DJ OZMAのパフォーマンス、#紅白騒動とその後へ)。
* その後、NHK側から番組出演のオファーは一度も無かったが、2007年12月31日の第58回NHK紅白歌合戦の出演メンバーが報道されると、「これ以上オファーを待てない」と勝手に出場辞退したと自称し、12月4日のスポーツ報知で伝えられた。
 2007年3月、「第44回ゴールデン・アロー賞」音楽賞を受賞。
2008年11月27日、同年をもって引退、二代目に襲名することを発表した。ちなみに、二代目DJOZMAは、初代DJOZMAの顔見知りの後輩ら17名でじゃんけんをして勝ち抜いて選ばれた。
引退発表から26日後の12月22日には、大晦日開催の「Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜」(TBS系)のスペシャルプロデューサー就任を発表 同大会でOZMAはボブ・サップとキン肉万太郎の試合をプロデュースした なお、同試合開始前にOZMAがパフォーマンスを披露、「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」などを披露した。奇しくも、紅白歌合戦がニュース中断している21時25分から21時30分の間にパフォーマンスが行われたが、その間の視聴率に関しては不明。

2006年12月31日、『第57回NHK紅白歌合戦』に初出場。事前のスポーツ紙の取材に対し、脱ぎパフォーマンスを行うことを窺わせる発言をした。これに対して北島三郎に「歌で勝負しろ」とたしなめられていたことがスポーツ新聞などで報じられていた 当日のステージは、通常のダンサーメンバーに加え、ピエロが加わり、夜王がマジックを披露 OZMAは演奏途中で消え、ワイヤーに吊るされ、最後は北島三郎と入れ替わるというイリュージョンパフォーマンスを披露した この時、OZMAと一緒に演じた女性バックダンサーが、カーニバル風衣装の下の水着まで脱ぎ、裸体の描かれたボディースーツで踊るという演出を行った ボディースーツであると気付かない視聴者も多くいたため、視聴者から「本当に裸ではないか?」との問い合わせが即時に寄せられ(放送内で対応できた分が約250件、放送以後1800件 対応できなかった分を含めると数千件以上)、番組内で総合司会のNHK・三宅民夫アナウンサーが「裸ではない」と説明する事態となった。後日、NHK側は記者会見を行い視聴者へ謝罪した(衣装に関してOZMA側からは説明されていなかった、リハーサル時は水着を脱がなかったなどと説明)。またOZMA自身はブリーフ姿になり、ブリーフの股間部分に、男性器を模した模型をつけていた。所属事務所と東芝EMI(現:ユニバーサルミュージック)はNHKに出向き経緯を説明した。なお、。

2007年1月1日未明、NHKより移動しTBS系『CDTVスペシャル』に出演、紅白歌合戦と同様のパフォーマンスを披露した。同年1月4日に、NHK会長橋本元一が新年の挨拶で、この件に触れ謝罪。1月11日に定例記者会見を行い、橋本元一会長がDJ OZMAに対して「現場で使いにくい状況だと思う」と述べた。また、1月10日までにコールセンターへ1,796件苦情があった。

2008年9月26日、DJ OZMAととんねるずがプロデュースするユニット『矢島美容室』デビュー発表の会見において「目標は紅白出場と東京ドーム7日間公演」と発表 OZMAは「今年の紅白プロデューサーの石原さんにわびを入れたい」と頭を下げた 同じく紅白歌合戦をきっかけにNHK出入り禁止状態であるとんねるずも「まずはNHKと和解したい」「紅白みたいなことがあったら謝ります」と語った。
DJ_OZMAのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
DJ_OZMA 六本木
DJ_OZMA 北島三郎
DJ_OZMA 鉄仮面
DJ_OZMA 氣志團
DJ_OZMA NHKホール
DJ_OZMA 対バン
DJ_OZMA 第58回NHK紅白歌合戦
DJ_OZMA DJ DOC
DJ_OZMA ミュージックステーション
DJ_OZMA ミュージックステーションSPECIAL
DJ_OZMAのつながりをもっと見る